硝子の標本 つのだ ゆき 個展@7日目

さて、後半会期がスタートいたしました!!

本日は3作品をご紹介いたします。
e0272050_16562670.jpg


ご覧ください、今まさに飛び立とうとするテントウムシです。ふと気がつくとテントウムシ自体を見なくなって 10年は軽く経っているかもしれません・・ですが、子供の頃に見たこの光景、懐かしく思い出しました。先っちょに行くと飛ぶんですよね。
飛ばないように、延々と登らせたり、虫と遊んだ懐かしい記憶が蘇りました。

虫眼鏡を使って側面から。
e0272050_16561039.jpg


あの硬そうな丸い背中の中に、なんとも繊細な羽が隠されている様子がしっかりと表現されています。
テントウムシが止まっているのは"ネジバナ"。ネジバナの存在を、こちらの作品で初めて知ったのですが、らせん状に連なる花の姿がとても不思議なものでした。ぜひ検索してみてください!
こんな親切な階段だと、テントウムシも登りやすいですね〜

e0272050_16561667.jpg

こちらは菜の花とミツバチ。
せっせせっせと蜜を集める、勤勉な感じがとても愛らしいです。ミツバチたちは集団で天敵であるスズメバチに対抗するという秘話を教えてもらいました。スズメバチの周囲を取り囲み、ホバリングするその熱で弱らせるのだとか。協力プレーで立ち向かうんですね。
いろんな背景を聞きながら見ていると、よりいっそう生き生きとして見えてきます。

e0272050_17142970.jpg

そして本日追加されました"ハナカマキリ"。実際にご覧いただくと、思わず息を止めてしまうほど、足先の接地点の少ないことちいさいこと。
実際の虫も、丸っとしたお腹を持っていても、足の先っちょは針先よりも細かったり、重力は一体どこにあるのだろう?といった感じですが、そんな虫の不思議さも表されています。

会期は来週月曜日まで。どうぞお見逃しなきよう。
[PR]
# by gallerynenohoshi | 2017-04-26 17:17 | 展示

硝子の標本 つのだ ゆき 個展@6日目

本日にていよいよ1週目を終えましたつのだゆき展。

みなさんのご要望にお応えして、見たい!というリクエストに快く応えて下さりできたアリたち、だんだんと行列になってきました!
e0272050_18162799.jpg


さて、会期も後半戦ということで、会場の作品をいくつかご紹介したいと思います。
こちらは展示の度、狙っている方も多々おいでの"蚊"。
e0272050_18162523.jpg


蚊のお腹に透けた血の赤色が、硝子だときれいだなあと見入ってしまうから不思議です。
リアルさと、綺麗さが共存するバランス。このバランスが作品の個性を生み出しているのですね〜

虫好きな方のなかにはこの虫がオスなのかメスなのか、なんていうところまで気になる方もいらっしゃるのだそうですが、そこは標本ではなく硝子でできた唯一無二の作品であるので、雌雄を超えた虫の造形の面白さを楽しんでいただければ幸いです。
e0272050_1816293.jpg

桐箱入り 星屑ミツツボアリ

明日、火曜日は休廊となります。
あさって水曜日12:00より、のこり1週間みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております!
[PR]
# by gallerynenohoshi | 2017-04-24 18:19 | 展示

硝子の標本 つのだ ゆき 個展@4日目

e0272050_15001399.jpg
じゃじゃーん!つのださんの直筆サイン入り名刺です!
ギャラリーに置いてある分だけですので、レアですよ〜

本日は、土曜日ということもあって兼ねてよりのファンの方々が続々といらっしゃいました。
e0272050_15381646.jpg
e0272050_15434164.jpg

ご両親もご来廊いただき、家族写真を記念にパチリ!
e0272050_15381507.jpg
作家に聞いたところ、上の写真中央にありますガラスドームに入った生きた植物と昆虫と、ギャラリー天井から吊り下げられているドライフラワーは「人工物の生と自然物の死」の対比とのこと。
e0272050_15381504.jpg
もともと虫嫌いで、図鑑を見るのも嫌だったそうです。大学の卒業制作で集合した蟻を作りたくてそのために虫が嫌いな理由を探索し、表現していく過程で克服したとのこと。

本日は、午後から雨が降り出し、お足元悪い中、ご来廊いただき誠に蟻が十匹ございました。
e0272050_15381631.jpg
一寸の虫に確実に五分以上、五億は魂を込めて作られております!明日の日曜日も、来週も、どうぞご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、お気軽にご来場ください。

[PR]
# by gallerynenohoshi | 2017-04-22 15:46 | 展示

硝子の標本 つのだ ゆき 個展@3日目

先週から引き続き、鳥のさえずりが聴こえ、植物と昆虫に囲まれ、脳からアルファーファ波が出るギャラリー子の星です。

本日はアクセサリーを紹介いたします。

翅イヤーフック
e0272050_15001222.jpg
翅ピアス
e0272050_15001392.jpg
セミやトンボの羽がモチーフとなっています!光に透けて、壁に映る影も綺麗ですね。妖精の羽みたいに綺麗な色で、身につけたら魔法の粉が出て飛べそうです。
ピアスは留め具をフックからキャッチへ変更できます。また、イヤリングへも変更することが可能ですよ〜
e0272050_15001427.jpg
ぜひ、今週末は飛んで代官山に入る春の虫となって、ギャラリーへ観察に来てくださいね。虫眼鏡のご用意もあります◎

[PR]
# by gallerynenohoshi | 2017-04-21 15:07 | 展示

硝子の標本 つのだ ゆき 個展@1日目

e0272050_16295711.jpg

本日より始まりました。今回、バーナーを持参され、実演を行っています。
お話をしながらひょいひょいと蟻を作っていく様は、飴細工の職人さんのようで、見ているとあれよあれよという間に出来てしまいます。
いとも簡単に、簡単そうに作ってしまう姿がかっこいい!

e0272050_16315562.jpg

通りがかりの方から、"クレイジー!"と最上級のお褒めの言葉をいただきました。

e0272050_16323481.jpg

開廊を待ち構えていた方も続々とお越しになり、早くも売約済みのものたちが多々。
こちらの木製の台もなんと手作り。木工旋盤を使って、こだわり抜いた作品です。

e0272050_1634068.jpg


会期は5/1まで。火曜日休廊の2週間会期となっております。
ぜひお見逃しなきよう!作家は全日終日在廊予定となっております。
[PR]
# by gallerynenohoshi | 2017-04-19 16:35 | 展示