2013年

e0272050_184441.jpg

おかげさまで、今日2013年の展示を無事に終えることが出来ました。
最後になんとも素敵なプレゼントを頂戴してしまいました。。野菜不足にあえぐ私に作家さんがひじきいりのパン、お菓子、そして暖かいブランケットを。何よりのプレゼントはこのお手紙とやってよかった、の一言です。パンを噛み締めながら残業しています。

今年一年がこうして終えられましたのは、ひとえに展示空間を作ってくださった作家さん、ご高覧くださいましたみなさま、そんなたくさんの方々のおかげであります。心より感謝申し上げます。
スタッフにも支えられました。今は洋画家、版画家のスタッフが在籍しており、きっとお話をされた方も多いことと思います。ギャラリーの目線が固まらないよう、また多様な話が出来るように今後も現役の作家であるスタッフを配置しようと思いますのでぜひ会話も楽しみにいらしてくださいませ。

さて、開廊より丸一年が過ぎ今年は自分自身とは個人的な関わりのない方と接する機会や展覧会が格段に増えた一年でした。
しかし、皆さん初めてお会いしたとは思えぬ親しみやすさ、お気持ちをお持ちの方ばかりで、逆にこちらがお世話されている様なこともしばしばでした。
自分も物を作る側の人間なので、忘れてしまったり、気づかないことだったのですが、
人の作るものの持つ力、そして表現と創作をする事の素晴らしさを改めて感じた一年でした。

子の星はちいさなちいさな箱ですが、今年は特にたくさんの人の交流のあった一年でした。
人の交流というものは、その場が盛り上がっていてもその先何年も何年も続いていく人というのはわりと限られてくることがあるかと思います。
ここはちいさな空間ですが、たくさんの縁が穏やかに永く続いていく場所になれば幸いです。そう願いながら来年も素敵な空間づくりに務めて参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2013.12.30 Gallery子の星 増田沙織
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-12-30 18:58 | 日記
<< 2014'新照明 荒谷ももこ、日高路子 日本画展... >>