25.塚本和世 “つつみ展2018”

塚本和世 ( ツカモトカズヨ )

「平面、立体、本など、様々な作品を制作しています。見ることはできなくても在る全てのもの。知らない場所や、そこに流れる時間や物語の気配をきっかけに、作品を作っています。」

| 略歴 |
1985年 埼玉県さいたま市生まれ
2006年 東京造形大学絵画科入学
2010年 東京造形大学絵画科卒業

主な展示
2008年 奥口視絵・塚本和世 二人展「そこにいる」(ギャラリー ツープラス)
2010年 グループ展「Abflug2010-あさくさばしから声がする-(マキイマサルファインアーツ)
2013年 個展「浮かんでくるひかり」(ギャラリー子の星)
2015年 個展「teacup moon」(Gallery KINGYO)
2016年 つくるひと×つかうひと×みるひと展(ギャラリー子の星)
e0272050_20471541.jpg
「通路」パネル、アクリル、鉛筆
e0272050_20464565.jpg
「teacup moon」パネル、アクリル、ペン

[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-10-16 01:25 | つつみ展
<< 26.友澤達也 “つつみ展2018” 24.CHECOS “つつみ展... >>