36.松村淳 “つつみ展2018”

松村 淳 ( マツムラジュン ) HP

「私は心地よく冷たいガラスに魅力を感じ、そこから得られる情景をモチーフにオブジェや小物を制作しています。
使用している素材は建築で使用される無機質な板ガラスですが、削る、重ねる、接着する、磨くなど、加工を施すことで物語の一片のような情景を生み出す試みをしています。
私の作品を通じて、心の風景の記憶や大切な気持ちを思い出すきっかけとなったり、日々の暮らしが少しでも豊かなものとなっていただけたら嬉しいです。」


| 略歴 |
1988年 千葉県生まれ
2011年 多摩美術大学 美術学部工芸学科ガラスプログラム卒業
2012-2016年 青森県深浦町「白神ガラス工房」勤務

◯個展
2017.7「夜にひとり」(六本木・Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi)
2017.11「ガラスのオブジェと小さな暮らし」(新百合ヶ丘・roo space gallery)

◯グループ展
2016.12「the art fair plus+ultra2016」(表参道・スパイラルガーデン)
2017.4 「Young Art Taipei2017」(台北市・Sheraton Grand Taipei Hotel 9F)
2017.5 「河野千種・松村淳 2人展」(青山・グラスギャラリーカラニス)
他多数

e0272050_12530443.jpeg
「ひとひらの風景−うたかた(一輪)−」/ガラス/接着、研磨

e0272050_12530634.jpeg
「ひとひらの風景−夜の余白−」/ガラス/接着、研磨
e0272050_12530818.jpeg
「風景のブローチ」/ガラス、鏡/接着、研磨

[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-10-16 01:36 | つつみ展
<< 37.morinosu “つつ... 35.Blanche &quo... >>