つつみ展2018' @ 16日目

e0272050_18035263.jpg
16日目、ということでのこすところつつみ展も開催日は10日間となりました。
本日最初はこちら、中西彩さんのイヤリングが旅立ちました!

そしてお悩みの方も多かった、能村美矢子さんのマフラー
e0272050_18042318.jpg
こちらも巻物に目がないというお客様のもとへと参りました!
e0272050_18042815.jpg
何にでも合わせやすそうで、と藍染ショールの作品も気になっておられましたがこちらをお求めいただきました。ということで、本作品をお悩み中でした皆様へのご報告も兼ねてお知らせでした!
来週木曜日からの小部屋での企画展でもさらに表情豊かな作品が並びます。お楽しみに。
ーー
e0272050_18041737.jpg
この作品はどこへゆくのかな、と1日の初めに並び替えをしながら思うのですが、
面白いことに考える子がよく巣立って行きます。
鏑木ひとみさんの"ながめる"、こちらも本日ご売約となりました。

かわいい!とご覧くださり、
プリント?と最初は手描きとわからなかったようなのですが、日本画技法で描かれた画面の凹凸などを
お手に取っていただいてご覧いただき、一目惚れでお求めいただきました!
(会場には作品がございませんが、作品世界とリンクした冊子をご覧いただけます。)

その間、お連れ様はうつわをご覧下さり、小川由利子さんのカップやebicoさんの器を手に取っていただきました。
e0272050_18040180.jpg
そして、奥にあったこちらのシュガーポットにお気づきになり、何やらお悩みのご様子。
なんとタイムリーなことに、ギャラリーに来る直前に、以前から悩んでいたシュガーポットをお買い求めになられた後だったのだそうです。
いいポットはないかなと、ようやくこれなら!
と思うものをお求めになられた後だったそうで、大変悔やまれていたのですが・・
e0272050_18035870.jpg
お連れ様の理解ある言葉と、ebicoさんの唯一無二の形と色味、そして散策後のお茶と焼肉を我慢します、
シュガーポット、お持ち帰りくださいました。
今週、元気な赤ちゃんが産まれる予定とのこと!
かわいい雷鳥の絵と、ほっと一息お茶の時間を楽しくさせるポットとで、生活を彩っていただけたら幸いです。無事に産まれてきますように。

毎日、いろんなかたちでものとひとが行き交う様をお手伝いでき、幸せに思います。
3月4日で"つつみ展"は終了いたしますが、その後も個展を中心に思いのこもった作品を1年間お届けしてまいりますので、ぜひまたギャラリーにふらりお立ち寄りいただければ幸いです。

さて、奥の小部屋で開催中の川名萌子陶展 "景色をつくる" はいよいよ明日が最終日となります。
新潟での作陶により現れた変化など、以前から作品をご存知の方にも新たな魅力を感じていただける展示です。
こちらもどうぞお見逃しなきよう、お越しいただければと思います。
e0272050_18205865.jpg



[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-02-18 18:23 | つつみ展
<< "手で つくる – ... つつみ展2018' ... >>