Modern Ancient 佐々木 里知 展 @ 最終日

Modern Ancient 佐々木 里知 展、本日無事に終了いたしました。

宮城県からのご出展ということで、在廊の合間を縫って、各所で開催の展示をご覧になりながら新たな作品への構想を練られていました。
今年の12月には、また違った形で展覧会を開催予定です。
ご都合が合いませんでした皆様、ぜひ冬の展覧会を楽しみにお待ちください。
e0272050_19024015.jpg
作品や制作について、たくさんのお話を伺いました。

昔は練り込みの作品も手がけられていたそうなのですが、だいぶ前にそちらのシリーズから今の作品へと移行されたそうです。
ですがお話を伺っていると、作られているものへの面白さ、興味、などは一貫されていました。

性質の異なるもの同士を組み合わせて作るということは練り込みにも、今回の制作の磁土の白と組み合わせたシリーズでも共通する事項ですが、
古いもの、時代を経たものに惹かれるということとそれを現代に作っている、という点も
異質なもの同士の組み合わせに感じ、面白いなあと思いました。

いろんな考えを織り交ぜながら、手を動かし続け、作品を作り続ける姿は自分自身をも発掘しようとしているように見えて、こちらまでわくわくした会期でした。

今回もお忙しいなか御運び下さいました皆様、誠にありがとうございました。



[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-03-19 19:13 | 展示
<< 満季美香初個展「3」@ 初日 Modern Ancient ... >>