井上 陽介 展 streamline XXXI@ 6日目

最終日、今週は温かな日も続き、涼やかなこちらの錫の片口も旅立ちました。
e0272050_17315006.jpg
お求め下さった方は、こちらはお水を入れてお使いになるようでした!
e0272050_17295588.jpg
今年も様々な作品で、金属の美しさや面白さを見せて下さった展覧会でした。
e0272050_17300761.jpg
DMにも掲載しておりましたこちらの作品、素材名に18金とありましたので、どこかなあ、と思っておりましたら
e0272050_17294921.jpg
なんと裏のピンの部分でした!
これにもしっかりと理由がありまして・・

聞けばこの18金、丈夫な素材なのだそうです。
ピンは脱着の時に摩耗していく部分であるため、長く不自由無く使えるように
考えてピンにされたのだとか。

全ての金属を人の価値目線で差別せず、特性や美しさがそれぞれに引き立つ所を考えて作っていきたいということでした。
これもまさに個人作家ならではの仕事、そして井上氏だからこその作品だなあと今年もとても勉強になった6日間でした。

他にもご紹介しきれず、旅立った作品達が満載ですが、手を休める事なく作品を生み続けている作家です。またの機会をぜひご期待下さい!


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-02 19:27 | 展示
<< 中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@搬入 井上 陽介 展 streaml... >>