人気ブログランキング |

| つつみ展2019作家紹介 |8|ebico pottery

|8| ebico pottery
主技法:陶芸

|ステートメント|
私の生まれ育った土地は焼き物の産地である笠間市と近く、陶芸は身近な存在でした。粘土細工ばかりしていた子供の頃の夢はまさに陶芸家でした。時が経ち、紆余曲折を経てお茶に出会いました。お茶の仕事をするうちに器に興味を持つようになり、自分で作りたいと思うようになりました。そして笠間で陶芸を学び、今もここで作陶しています。わたしはお茶の器を主に制作しています。道具としての使いやすさはもちろんのこと、器をきっかけにお茶に興味を持ってもらえるような、たのしい器でありたいと願い制作しています。急須はロクロで成形し、カンナで思いつくままに模様を彫り組み立てて完成させます。注ぎ口の水切れの良さを意識したり、持ちやすい取っ手になるよう工夫したりと試行錯誤を繰り返しながら、使い手側の気持ちを忘れないように日々土に向き合っています。お茶の時間がたのしくなるように、そして時とともに味わいを増していく器を育てるように、私の作った器がその人にとっての生活の一部になれたら嬉しいです。

|略歴|
茨城県水戸市生まれ
2007年 日本茶インストラクター取得
2009年 茨城県工業技術センター窯業指導所成形Ⅰ科修了
2010年 同所成形Ⅲ科、釉薬科修了
2010年~2015年 障害者支援施設の陶芸訓練指導員として勤務
2015年 4月 茨城県水戸市にて独立・築窯野外クラフト展やグループ展等に出展器と日本茶のワークショップ開催

e0272050_16190565.jpg
横手急須・蓋のつまみは柴犬です。

by gallerynenohoshi | 2018-12-31 01:08 | つつみ展
<< | つつみ展2019作家紹介 ... | つつみ展2019作家紹介 ... >>