人気ブログランキング |

「連(ツラネ)」CONNECT & CONTINUE Accessory brand shizuku exhibition @ 1日目

今展は、普段九州にて制作活動を行なっていらっしゃる shizuku さんをお迎えしております。

様々な作品たちを、どう展示しようか、
と考えながらも展示のヴィジョンはとても明確で、しっかりオリジナルの什器も制作されてこられました!
e0272050_16053747.jpg
e0272050_16185567.jpg
e0272050_16070891.jpg
会場の中央には面白い作品が並びました。空間にドローイングをしているような、雲のシリーズ。
中央の吊り下げられている作品は、
e0272050_16110944.jpg
e0272050_16075627.jpg
上下で色味が微妙に異なります。
真鍮の自然な経年変化がもたらす自然の美。
ピカピカの子も、風合いが増した子も、どちらもいい味です。
e0272050_16085613.jpg
e0272050_16090304.jpg
入道雲と名付けられたシリーズのブローチは、
線状の真鍮や、それを伸ばした平たいもの、メッシュのものなど、3種類を組み合わせて作られています。
この面白い曲線はすべて作家が自身の手と指で伸ばしているからこその柔らかさのようです。
ぐぐぐっと力を込めて。
そんな制作の様子たちを、奥の小部屋に展示してありますので、どうぞそちらもお見逃しなく!
e0272050_16110151.jpg
七宝ブローチやリングなども並んでおります○
e0272050_16115009.jpg
そして、真鍮・金箔紙・紙・革などが重なってできた"蕾"。
真鍮の色味の変化が出てくると、また色のバリエーションも増えて楽しめそうです。
こちらは早速初日の本日、ご売約となりましたが会期終了まで会場にてご覧いただけます。
重ねの美しさをぜひご覧ください。

e0272050_16134061.jpg
こちらはちょっぴり番外編で、ボタンブローチです。
お菓子のような可愛らしい作品です。

矯正歯科で、技工士さんとして長年腕をふるってこられたshizukuの田中真寿美さん。

会場に並ぶ作品の中には、お話を伺って大変驚いたものがありました。
好奇心いっぱいの目で、捨てられてしまうはずだったもの、が個性ある装身具へと仕立てられていました。
ヒントは和装&職人さんです。

そんな秘密も楽しみに、ぜひお出かけいただければと思います。
貴重な東京での個展です、どうぞこの機会に。

作家は会期中終日在廊の予定です○









by gallerynenohoshi | 2019-09-04 16:19 | 展示
<< 「連(ツラネ)」CONNEC... 2019.8.28(水)〜9.... >>