人気ブログランキング |

カテゴリ:つつみ展( 249 )

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @23日目

本日は出展作家の"るまる"さんをお迎えし、平面作品の方ではなく、アクサセリーのお作品のカスタムオーダーイベントを開催いたしました。

e0272050_20010045.jpg
e0272050_20004236.jpg
e0272050_20003172.jpg
作家の買い集めてきた面白く、とっておきなパーツたち、眺めていると時間もあっという間でした!
e0272050_20002053.jpg
片耳ずつ違うパーツを組み合わせる方や
e0272050_20002359.jpg
きっちり同じに、でもタッセルではなくて、木のパーツを合わせてみたり、と個性の光る作品たち。
何を作ろうかな〜どんなふうにしようかな〜という部分はものづくりの醍醐味でもある部分なので、
きっと楽しくお悩みいただけたことと思います。

るまるさん、お疲れ様でした!


by gallerynenohoshi | 2019-02-24 19:56 | つつみ展

2019.2.16-3.2 春と花展  清田悠紀子 / 林明日美 / 坡山海香 @ 5日目

さて、会期の初日から随分と春の空気に様変わりし、
すっかりと冬の空気もどこかへ行ってしまったようで、ちょうど今展にはうってつけの空気感になりました。

▷会場1日目

とろり、とした空気は眠気を誘う春独特の空気ですよね。
e0272050_17045331.jpg
林 明日美 /「早朝の春の眠り」/ 水彩紙,透明水彩
e0272050_17045039.jpg
透明水彩の淡く、繊細な色の重なりの織りなす優しい作品です。
右に見えるのはうさぎでしょうか。
普段、銅版画を主に制作されている林さんのお作品に、度々登場するモチーフでもあります。
以前の作品をご存知の方は、色のついたうさぎが新鮮に見えるのではないでしょうか。
e0272050_17082587.jpg
清田悠紀子/ sound of silence / 雲肌麻紙、鉛筆・パステル・アクリル

上品に輝く円の中から、静けさの音が聞こえてくるようです。
鉛筆による線の勢いと力強さ、大胆な紙の残し、など余白の美しさが際立っています。
筆致を是非、間近でご鑑賞ください。
e0272050_17114115.jpg
坡山海香 / 二十二歳の記録 /リネン,岩絵具

坡山さんの作品はいつも、タイトルが秀逸です。
色々な事柄を想起させてくれる言葉に、ご覧になった方々は何を思われたでしょうか。
そして作家は何を思って描いたのでしょうか。
描かれた手と、指先の白さに謎は深まるばかりです。

会期は3/2まで。
どちらも肉眼で捉えていただきたい微細な表情の作品です。
ぜひお運びください。




by gallerynenohoshi | 2019-02-22 17:13 | つつみ展

るまる@カスタムオーダー会のご案内

e0272050_18212333.jpg

会場にてこちらの繊細な絵画を展示中の"るまる"さん。そのもう一つのお顔、装える作品たちのカスタムオーダー会を開催いたします。


====

e0272050_14241397.jpg

色とりどりのオリジナルモチーフに、ビーズやタッセルなどお好みのパーツ・素材を組み合わせて、ピアスやイヤリング、ペンダントなどへカスタムオーダーしていただけます。

e0272050_14241303.png
e0272050_14241398.jpg
e0272050_14241354.png

春先や初夏の装いに合わせたパーツもご用意いたしました。ご自分用に、ギフト用に、ぜひ自分好みなアクセサリーをカスタマイズしにいらしてください!


ボタン︎ギフトラッピングなどもお気軽にご相談ください。


〈アイテム〉

ピアス/イヤリング:(t)¥1,200〜、(m)¥2,500~

ペンダント/ループタイ:¥3,000~

カフス/ネクタイピン:¥3,500~

*お選びいただくパーツによって金額はプラスされます。


※(m) = marmo colore フィレンツェ伝統工芸品[マーブル紙]を使用したモチーフ

※(t) = tomei_na_palette 実際に使用しているパレットを透明化したモチーフ


〈定員〉8名様ほど

〈時間〉13:00~16:00 (お一人さま20分程度)

参加ご希望の方は事前にご予約も可能です。

当日のご参加も可能ですが、お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。

尚、会場は大変ちいさなスペースですので、状況によっては中でお待ちいただけないこともございます。

あらかじめご了承ください。


〈納期〉

3月中旬以降に配送にてお渡しとなります。(送料別)


by gallerynenohoshi | 2019-02-22 16:47 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @20日目

さて、長いように感じていた会期も、いよいよ本日を含めまして開催日数はなんと 7日間! となりました。
小雪の舞う日も過ぎゆきて、この会期中にだいぶ日も伸び、空気も春を感じる暖かな風が吹くことも。

会場内は、短期出展の作家様たちのお作品がなくなって、すこしさびしくなりました。
代わりに、今まで表に並んでいなかった作品たちを見易く配置いたしました。
まだまだ魅力的な作品たちや、追加納品として新たに加わった作品などもございますのでぜひお出かけください!

本日はこちらの春らしいお作品がいくつか入りました。
e0272050_18075211.jpg
e0272050_18080054.jpg
11月の森さんのピアス・イヤリング、そしてブレスレットです。

だんだんと、装いも軽くなる時期にぴったりな、生地の痛みにくい軽めのブローチなんていかがでしょう。
e0272050_18162116.jpg
初出展の Mayumi Ishidaさんの Operaシリーズのブローチです。
音からイメージして制作された色や形たち、どれも本当にすてきな色合いです。
ちょっとしたプレゼントにもオススメですよ〜。

会期も残りわずかとなりましたが、この週末に1つイベントを開催いたします。
e0272050_18212333.jpg
こちらの色合いが大変繊細な絵をお描きになられた"るまる"さんの手がけたアクセサリーのラインを、
会場内でお好みの色・形の組み合わせでお造りいただけるイベントです。

るまる@カスタムオーダー会
↑詳細は上記リンクよりご確認ください。

作家の在廊および開催日時は 2/24(日) 13:00~16:00 です。
e0272050_14241397.jpg
尚、会場は広くはございませんため、場合によっては中でお待ちいただけないこともございます。
何卒ご理解の程をお願い申し上げます。
ですが、せっかくの機会ですのでぜひぜひたくさんの方においでいただけますと幸いです!
どうぞ宜しくお願いいたします。






by gallerynenohoshi | 2019-02-21 22:19 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @17日目

さて、早いもので会期も折り返しを過ぎ、奥の小部屋での展覧会も最後の企画展示の開催がスタートいたしました。


つつみ展の会場では、2月18日に会期を終えられる方も多数いらっしゃいます。
遠方で活動されているかたもいらっしゃいますので、ぜひこの機会にごらいただけましたら幸いです。

e0272050_18363578.jpg
e0272050_18125517.jpg

コバヤシタク(絵画)
e0272050_18385373.jpg
左作品:中村あめか(絵画)
e0272050_18283016.jpg
左:佐藤百合子(ガラス)
右:中村友紀子(ガラス)
e0272050_18284837.jpg
鳰(磁器・上絵付け)
e0272050_18311620.jpg
木内志のぶ(ガラス)
e0272050_18293191.jpg
soeur glass (ガラス)
e0272050_18293802.jpg

Handmade knit OuiOui (棒鍵編み)

e0272050_18295981.jpg
e0272050_18392571.jpg
可児葉月 (ユニット折り紙)
e0272050_18073763.jpg
能登美希 (絵画)
e0272050_18075181.jpg
コシゴエユウキ(陶芸)



by gallerynenohoshi | 2019-02-16 18:39 | つつみ展

2019.2.7-15 村上暁作品展「歳時記」@ 3日め

e0272050_16565726.jpg
作品タイトル「恵方」。

ちょうどこの時期、話題になることの多いあの海苔巻きを担いでいるのは
腹巻きに法被姿、手にはやかんのうさぎのおじさん?
年代にもよるのかもしれませんが、この姿を見たときに私は大工さんだ!と思いました。
休憩中のやかんに麦茶をたっぷり詰めて、みんなのお茶碗になみなみそそぎ、車座になっている様子が目に浮かびました。
担ぎ方も、木材をあらよっと、と軽々担ぐ姿に見えて。

みなさんにはどんな姿に見えるでしょうか?

花火師さんに見えるね〜と仰った方もいました。なるほどです!
桜でんぶや卵の具のような色たちも、見ているとこれから咲く花火にも見えて来ます。

いつかこんな姿も、手にはペットボトルのお茶、腹巻きはヒートテック・・と
絵の中のモチーフたちも変わりゆく時代が来るのでしょうか。

季節も変わり、時代も変わり、見る人々も変わる。
いろんな時の流れを感じます。

ですが、知らない方も楽しく想像できるのが絵画の良いところです。

会場には味のある作品たちが所狭しとございます。
厚みのある絵具の質感も、ぜひご覧いただきたいところです。

寒い日が続きますが、お出かけいただければ幸いです。




by gallerynenohoshi | 2019-02-09 22:56 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @12日目

雪の予報もそれほど大したことにはならず、でしたが寒さの厳しい1日でした。
時折ぱらつく雪の中も、お越し下さりました皆様、誠にありがとうございました。

さて、そんな寒い1日でしたが、
昨日ご紹介いたしました座りポーズのスイートピーと、こちらの立ちポーズのスイートピー
e0272050_17550401.jpg
いいあい さんのお作品が2点旅立ちました!

春のオーラ満載の、元気で、華やかで、甘く、見ているとなんだか元気をもらえそうな作品たちでした。
モチーフはスイートピー。
お近くでご覧いただくと、線の強弱や白の残し、
そして蛍光色を使っていないのに光るピンク色の不思議な色合いが見事な作品たちでした。

e0272050_17583277.jpg
春の節句ももうすぐですね、こちらは 三原なぎ さんのお作品。麻の葉の文様と箔が色鮮やかなガラスのお雛様です。
モダンな形で、節句以外の時期にも飾りたくなる美しさがあります。
e0272050_18324602.jpg
小ぶりなサイズで、玄関脇にちょこんと、似合いそうです。

e0272050_18333018.jpg
e0272050_18333824.jpg
そして本日はこちらの2作品をご出展中の 能登美希 さんが在廊してくださりました。
普通では見ない組み合わせのモチーフたち。
これまで大作を中心に制作をしてこられた能登さんは、人の痕跡を感じるものを描いておられるのだそうです。
その一番見えるものが食べ物、食べるということ。モチーフの中にはしばしば食べ物が登場していました。

現実には組み合わさることのないものとシチュエーションが、絵画だからこそ、同時に存在・関係した状態で
目にすることができます。この違和感ごと、お楽しみください。

違和感を楽しめるのも、それぞれのモチーフがしっかりと描かれているからこそですね。








by gallerynenohoshi | 2019-02-09 21:19 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @11日目

あしたは雪の予報がでていますね!
さて、そんな寒さも気になる本日、Handmade knit OuiOui さんのアームウォーマーをお手に取っていただきました。
e0272050_12233736.jpg
こちらは男性のお客様。
丁度10年近くお使いの手袋がほつれてきてしまっていたとのことでしたが、
手袋に拡がる空の情景と、作家さんの制作されている土地に親近感を感じてくださりお求めくださりました。
e0272050_12234185.jpg
うえの作品とよりも地上側の色が明るい光のこちらのお作品も、お求め頂きました。
なんてロマンチックな作品!とお褒めいただきました〜。本当に、一つずつ丹念に仕事される作家物ならではの作品ですよね。
e0272050_12242807.jpg
Handmade knit OuiOuiさんはピアス・イヤリングもございます。ぜひご覧ください。
e0272050_12234434.jpg
そしてShkuko Quilt さんが追加納品をお持ちくださりました。
少なくなっておりました暖色系のカラーがはいりましたよ〜
e0272050_12234764.jpg
納品にあわせて、染めの原料となる植物たちと色見本をお持ちくださりました。
この子達からこんな色が!と、驚きました。
こちらもぜひ会場でご覧くださいね。
e0272050_12235497.jpg
イラストレーターのいいあいさんも追加作品をお持ちくださりました。
スイートピーがモチーフの女の子。
もうひと作品ございます。寒い日が続きそうですが、会場がふぁっと春の空気で匂い立っています。
e0272050_12250123.jpg
こちらは初出展の佐藤百合子さんの器「Tong-poo」たち。
e0272050_12245182.jpg
お一つずつ、色味と形が異なります。
しっくりくるもの、お手に取ってお選びくださいね。

きれいなきれいな青色です。


by gallerynenohoshi | 2019-02-08 23:22 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @10日目

さて、本日より奥の小部屋での展覧会も新たな個展を開催いたします!

村上暁作品展「歳時記」
そして7日~11日まではつつみ展に出展する作家がすべてそろう時期となります。

本日より11日までご出展される作家さんの情報です。
ぜひご覧ください。
様々な素材と表現の作品がさらに集まりました。


さっそく出展作家のsoeur glassさん、コシゴエユウキさんのお作品がいくつか旅立ちました。
e0272050_00295456.jpg
コシゴエさんのカエルとヤモリのカップ。
以前から登場していたモチーフたちですが、今年はさらにそのリアルさが増しております。
会場で、”わっ”という声を何度もいただきました!
e0272050_00301841.jpg
e0272050_00302639.jpg
こちらのお色違い、青い色の星がオープン早々に旅立ちました。
光を集めて反射して、こんなにきれいな光を写します。
soeur glassさんのオーナメントです。

この週末は3連休ですね!ぜひぜひお出かけのご予定にお加えください。
ただ、会場が狭いため、ごゆっくりご覧いただきたいという方は、金曜日の夜が狙い目です!

それと、みなさんお昼ご飯を食べてからいらっしゃることが多いようなので
オープン直後も比較的狙い目ですよ~

雪の予報が心配ですが、たくさんの方にご覧いただけますと幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。




by gallerynenohoshi | 2019-02-07 23:17 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @ 8日目

e0272050_02421939.jpg
こちらですよ~と会場をアテンドするように展示しておりますのは 米澤寛子さんの版画作品。今回はモノタイプのお作品をお預かりいたしました。
ふっと力の抜ける線と間が、生活空間の中に置いたときに、いい息抜きのできそうな空気をもたらしてくれそうです。

さて、会期2度目の週末を迎え、お手元へ迎えていただいた作品も増えてまいりましたので、
新しく追加された作品も会場に並びました。

先日、陶芸家の藤内紗恵子さんが、マグカップを2点お持ちくださりました。
こちらの釉薬の色合いが美しい作品です。
すでに1つはご売約となりまして、残り一つはまだ会場でお手に取っていただけます。
e0272050_02112878.jpg
e0272050_02114842.jpg
お花のような色合いのグラデーションのきれいなカップです。

e0272050_02135523.jpg
堀江遼子さんの、おすわりするタイプの”ぽんぽこ”も何匹かやってまいりました。
おしりのかわいい箸置きたち、だいぶ数も減ってまいりました。
こうして並べてみますと、一匹ずつ表情が異なりますね~。
e0272050_02144991.jpg
e0272050_02165513.jpg
こちらの器は昨年もご出展された Forchetta フォルケッタ さんの器です。
昨年は白い板皿が素敵でしたね。今回は白・青・桜・瑠璃色の器と、箸置きをお預かりいたしました。
一点ずつ表情が異なりますので、会場でその表情、そして形の個性などをご覧くださいませ。
いずれも繊細で、きれいなキワの作品です。ため息の出るような佇まいです。
e0272050_02243864.jpg
上に掛かっているのは 坡山海香さんの日本画作品「金のぶどうパン」。
つつみ展奥の会場にて開催予定の企画展、「春と花展」ではさらに数点、その世界をご紹介いたします。
どうぞお楽しみに。
e0272050_02202075.jpg
三原なぎさんのガラスのリングホルダーに、SOLITOさんのリングを載せてみました。
e0272050_02204220.jpg
e0272050_02215405.jpg
こちらは碓井志津子さんのガラスのお作品、タイトルは”cat”。
ヒヤシンスポットということで、入れ口にくびれがございます。

色合いと表情、そのままお部屋にそっと置いておいてもいいアクセントになりそうです。
e0272050_02221163.jpg
e0272050_02242519.jpg
こちらは王瑞竺さんの陶作品。ドライフラワーを差してお使いいただけますが、
そのまま置いておいてもお楽しみいただけると思います。
”土の層”と題された作品は、幾重にも重なった層の連なりが、自然のような造形美を持っています。

e0272050_02284611.jpg
e0272050_02284570.jpg
こちらは亀倉琳さんのお作品。シルバーの色合いとガラスの白い色のきれいな作品です。
すこし大ぶりな作品ですが、葉先のシャープさから、すっと体になじむ作品になっております。

他にもご紹介しきれない作品がたくさんございます。宝探しのように、いろいろとご覧くださいね。












by gallerynenohoshi | 2019-02-03 23:08 | つつみ展