カテゴリ:内装&備品( 5 )

2014'新照明

あけましておめでとうございます、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年は陶芸・彫金系の作品が多いこともあり、少し照明を増強してみました。
詳細は追って掲載致します。

照明ひとつで雰囲気が本当に変わります。特に小部屋は光の効果がよく現れます。

e0272050_15363627.jpg

e0272050_15364372.jpg

[1.額縁に当てるタイプ/数量×1]

e0272050_15424033.jpg

e0272050_15423117.jpg

[2.手元照射・スポット照射タイプ/数量×2]

e0272050_15431542.jpg

[3.手元照射・スポット照射タイプ・クリップ付き/白・数量×1]

e0272050_1544086.jpg

[4.手元照射・スポット照射タイプ/黒・数量×1]
[PR]
by gallerynenohoshi | 2014-01-01 15:44 | 内装&備品

展示台・長板使用時

普段単体の展示台として使用している立方体の展示台ですが、
長板を繋げて使用することができます。

*長さ182cm×奥行き30cm×高さ82cm

使用イメージ1
e0272050_18505196.jpg


使用イメージ2(人との大きさ比較・モデル157cm)
e0272050_18524789.jpg


使用イメージ3(奥の壁面につけた場合)
e0272050_18574869.jpg

[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-01-01 18:59 | 内装&備品

お茶の時間

気がつけば、あっという間に8月は過ぎ、9月も2日目が終わろうとしています・・。
一日24h、ほんとうに短いです。

さて、ギャラリーはいよいよオープン迄28日となりました。
初回展示は自分ということで、作家としての時間の組み立てと、オーナーとしての時間の組み立て、
この二つを同時に進めて行かねばなのですが、要領の悪いこと悪いこと。

鳩の頭でも借りたい程です。


さて、ギャラリーはと言いますと、いま床を改修したり、パンフレットを制作したり
こまごまとした事務所類・用品の準備、備品を揃えたりしています。
今日は揃えたばかりのお茶セットのご紹介。

e0272050_23221888.jpg

e0272050_23223215.jpg


コーヒーミルとお茶ポットです。

急須はギャラリーのイメージに合わなかったのでかなり悩みました。が、先日私用で訪れた
甲府にて、いいデザインのポットに遭遇。

食器で有名な燕市にございます、工房アイザワさんのものになります〜。
孟宗竹の取っ手の曲がり具合、とっても良い感じなのです。


展示をしていると、個展であれば作家さんは一人な訳なので、
先に来た人が後から来た人に遠慮してそそくさと帰ってしまう、といった場面によく遭遇します。
そんな時にこいつらで、ゆっくりお茶して心行く迄作品と、作家さんとお話が出来ればいいなあと思っています。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2012-09-02 23:29 | 内装&備品

ちいさい部屋の床〜古材探し

さて、子供の頃の絵日記の様な
遡り日記になってしまいますが

先月、ちいさい部屋の床材を見に、新木場(本当に木場の漢字通りなのですね!)
へ行って来ました。

なかなか、これが難しい!

e0272050_06899.jpg


ちいさいサンプルは良くても、実際敷いてみると節の並びや個性で見え方もだいぶ変わるし
何が来るかはわからない。
エイジング加工物はやっぱり、半ば同業だとどうもあざとさみたいな物が頭に少しひっかかり、…
e0272050_061013.jpg


PCの参考画像で見た様にはいかず
期待値は高かったのですが
断念。
エイジングは自分でやった方がいいのかも…と調べたら結構やってらっしゃる方、いるものですね。
ハウツー記事まであったりして、ありがたい。
e0272050_061976.jpg

これが見た中では一番かな。
本当はもっと、グレイッシュで緑味もあるようなものが理想なのですが。
これはこれで、写真映えもかなりいい!

本当に、一つ一つ、悩みます。
一生分選択してます。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2012-06-17 23:58 | 内装&備品

メインの床

展示室内の雰囲気を大きく左右する床。
床。

メインの床が決まれば、奥の小部屋の色も決まる。
照明の雰囲気も決まる。
入口の外観も決まる。
壁も決まる。

そしてなんといっても、ギャラリーの空気が決まる。

というわけで、自分の好みと第三者的な目の間で
行ったり来たりで、色んなタイルを見ました。

テーマは「白もや」です。

銀座界隈を歩いた中で、ガレリアグラフィカさんのbisのスペースの
やわらかい白の光り方がきれいだなぁと思い探し続けていました。

何軒かのタイルやさんを回り、何枚ものタイルを見ましたが、
一番素敵だったのが・・・

e0272050_13363794.jpg

こちら、サンワカンパニーさんの床!

タイルやさんなのに、床面、タイルじゃないんですよ~
このコンクリートにやわらかい白と塗り残しのモヤモヤ感、青味がかったグレーな感じ。

もしかしたらタイルを引き立てるためのあえてのこの床なのかなぁと考えてみたり。
ファイン系の自分にはどんぴしゃに好きな床でした。

しかし、どういう施工でこの床にするのか分からず、悶々としていました。
その後訪れたABCカンパニーで、きれいなグレーのタイルを見つけ、白い壁との
関係もとても良好だったので決めたはずだったのですが、若干の硬さを感じていました。

なんというか、隙のない女の人とでもたとえたら良いのか・・
端正すぎたのですね。
でも、ほんとうに白い壁とのつながりはきれいだったのでこれで決定でと思いました。が、

どうしてももういちどアドヴァンを見たくなり、滞在時間15分ほどだろうと分っていながら
あの原宿の雑踏を決死の覚悟で渡り切った先で

e0272050_13355854.jpg


出会ってしまったわけです。
この床タイルに。
最初に訪れた日はどうやらショールームの大改装工事中だったらしく、
再訪した日は一面にタイルが敷き詰められていました。

この子は今年の新商品、ということらしく。
ありそうでなかった色みたいですね。

いやはや、これでメインの床、決定しました。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2012-05-03 09:35 | 内装&備品