<   2013年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

木下貴志展「刻をかける少女」@3日目

展示3日目となりました木下貴志展、正面の壁には大きな100号の大作がかかっております。

この作品のパワーが伝わるようで、初日は通りすがりの南アフリカの少女、
すごい!と言って見て行きました。
今日は通りすがりのスケボーを持った若者たち。
外から見えた100号の作品に惹かれて入って来ました。

e0272050_16501194.jpg


絵を見る機会はありますか?と尋ねた所、今日はこの絵をみてすごいと思い
ノリで入ってしまいました、とのこと。
作家が在廊していなかったのが残念ですが、絵自体がちゃんと作家本人の居ない所でも
声をあげているようで嬉しい出来事でした。
e0272050_16503187.jpg

[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-30 16:51 | 展示

木下貴志展「刻をかける少女」@搬入

明後日より28日~9月2日までは木下貴志展「刻をかける少女」を開催致します。
e0272050_21261313.jpg


今年学校を卒業したばかりの瑞々しい作家で、今回が初の個展となります。
ぜひご高覧頂けますと幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-26 21:27 | 展示

塚本和世展「浮かんでくるひかり」@搬出

e0272050_21154323.jpg

作家にとって3年ぶりの展示と制作となりました今展、
本日無事に終了致しました。

会期中偶然外を通りがかられた韓国の方も、この柔らかな光に見入っていかれました。
中でもこちらの作品が気に入ったそうです。

e0272050_21181376.jpg

タイトルは 「いつも通り」。

展示を終え、またいつも通りの生活に戻る作家ですが、こうした何気ないいつも通りの
普通の時間が形になって、作品になり、誰かの五感を刺激する。
それが普通に暮らしていてはきっかけのない国や人たちとつながるきっかけになるという、
美術とはとても不思議で、そして素敵な行為だな、と改めて思いました。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-26 21:21 | 展示

塚本和世展「浮かんでくるひかり」@4日目

残すところ後2日、日月となりました塚本和世展。
本日は3展の大作のうちのひとつこちらをご紹介致します。

e0272050_2021688.jpg

あふれるように 91cm×72.7cm 油彩、パネルに綿布

e0272050_20215740.jpg

拡大部分

会場にて実物を見ていますが、pc画面を通してもこのニュートラルな空気は
変わらず流れているように感じます。
実物を前にすると、放たれているのに、放たれていない、独特の空気に
ついつい長い事見入ってしまいます。

e0272050_20252178.jpg


e0272050_20252970.jpg

奥の小部屋にはドローイング作品も展示しております。

柔らかな視点に、なんだかほっとすること請け合いです。
ぜひご高覧くださいませ。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-24 20:26 | 展示

塚本和世展「浮かんでくるひかり」@1日目

初日の今日は、すごい雷でした。
19時になった今ももうもうとした湿気に溢れています。

会場作品はほわんとした心地よい気温の、さわやかな陽のひかりとにおいのしてきそうな
作品たちで溢れています。

e0272050_197516.jpg

全部今年描かれたもので、3年間グループ展も含め、展示をおこなっていないということですが
そのブランクをまったく感じさせない作品、構成、そして丁寧なお仕事です。

ぜひ今展も宜しくお願い致します。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-21 19:09 | 展示

塚本和世展「浮かんでくるひかり」@搬入

e0272050_2133128.jpg

明後日21日からは塚本和世展「浮かんでくるひかり」を開催致します。今展は夜19時までの開廊となります。

e0272050_2133187.jpg



自分の知らない場所で起こっていること、そこに流れる時間や存在。
それらの微かな気配を、いつも感じていたいと思っています。

つかもと かずよ
1985年 埼玉県生まれ
2010年 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業

発表歴
2008年 二人展「そこにいる」(ギャラリーツープラス)
2009年「第五回安行百花展」(GREEN ART TEAM)
2009年「見沼の見!2009」(GREEN ART TEAM)
2010年「Abflug2010−あさくさばしから声がする−」(MAKII MASARU FINE ARTS)

全14点の作品が並びます。卒業展示後3年、久しぶりの展示となります。
塚本さんもお仕事をされながら、絵を続けられているひとりです。
ぜひ沢山の方のお越しをお待ちしております。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-19 21:36 | 展示

木藤恭子展 紙・水・手@最終日

e0272050_14251649.jpg


e0272050_14242320.jpg


満を持しての初個展、たくさんの方の笑顔溢れる会期となりました。
今回の展示で、絵をお描きだったことを初めて知った方も多かったようで、そんなサプライズもあってか、会場はいつも賑やかな声で溢れていました。

忙しいお仕事の中でも、呼吸をするように、自然に自然に制作に取り組んで、
長く描く事を続けられていた木藤先生。
そんな自然体の空気が作品に込められた、深く柔らかな作品たちでした。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-19 21:26 | 展示

木藤恭子展 紙・水・手@5日目

朝晩の風も大分涼しくなりました、お盆休みももうこの週末で終わりという所がほとんどですね。
木藤展も残りは今日明日となりました。名残惜しいものです。
e0272050_13274430.jpg

e0272050_13275892.jpg

左 wb13052、右 wb13055

e0272050_13282591.jpg

ib13063[右上部分]
e0272050_13284451.jpg

[全体]
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-18 13:30 | 展示

木藤恭子展 紙・水・手@2日目

e0272050_1734099.jpg

木藤 恭子 展 紙・水・手、2日目を迎えました。今日も沢山の方で大賑わいです。

e0272050_17363997.png

先生のご用意されたベルギービールで涼を取り、会話も弾みます。

外からも見える位置にあるこちらの2点をご紹介いたします。
e0272050_17395249.jpg

wg13073
e0272050_1740788.jpg


e0272050_17373469.jpg

wb13052

e0272050_1743726.jpg


会場には全17点の作品が並んでおります、どうぞ楽しみにおいでくださいませ。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-15 17:48 | 展示

木藤 恭子 展 紙・水・手@初日

2013年8月14日(水)〜8月19日(月)までは木藤 恭子 展 紙・水・手を開催致します

e0272050_1891796.jpg

開廊よりたくさんの方にお越し頂きました、
e0272050_18522350.jpg

会場では、絵に関する味わい深いお話と、美味しいお酒をご用意しております。

e0272050_1853194.jpg


作品は、染料、顔料、そして木炭の粉からなる三層で構築されています。各々の紙への
浸透の度合いの個性からなる不思議な空間感は、なかなか画像でお伝えする事が難しいです。
紙の厚み、染みの繊細さ、ぜひご高覧頂けますと幸いです。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2013-08-14 18:56 | 展示