人気ブログランキング |

<   2017年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Three Rings 小名木美緒,オオサキケイ,奥山加奈子@1日目

2年ごとに展示している "Three Rings"。3作家によるグループ展となります。
同じ学校の日本画コース出身ですが、皆さんそれぞれの作風で制作を続け活動しています。

普段は別々の暮らし、仕事、制作に取り組んでおいでですが、2年に一度グループ展を開催し、
今回で4回目になります。

今展で一区切り、ということでぜひみなさまご高覧いただけますと幸いです。

e0272050_17405198.jpg

花を描いているのは奥山加奈子さん。
e0272050_17405969.jpg

ちょうど今発売中の文藝春秋に作品が掲載されております。
掲載作とは異なりますが、会場には色とりどりの花がございます。近くでぜひごらんください。

e0272050_17412967.jpg

恐竜をメインモチーフに制作している小名木さん。今回珍しい猫の作品がお目見えです。

e0272050_17461915.jpg

そしてインスタレーション作品を奥の小部屋で開催しているオオサキさんは今回"体感絵本たねのわ"を展示しています。
設置してみてわかることもいろいろあるようで、作品もちょっぴり変化しそうです。
体感ということで、視覚・聴覚・触覚・味覚などなどを使っていただく展示です。

来週月曜日までの展覧会です。ぜひお出かけください。
by gallerynenohoshi | 2017-04-12 16:23 | 展示

Three Rings 小名木美緒,オオサキケイ,奥山加奈子@搬入

e0272050_14213962.jpg
4/12(水)よりは、日本画とインスタレーションによる3人展を開催いたします。このメンバーでの展覧会は2年ぶりとなります。久しぶりの空間で、どんな展示になるでしょう。ぜひご高覧ください。
by gallerynenohoshi | 2017-04-10 23:20 | 展示

新庄彩子 写真展"ふるさとだったらよかったのに"@最終日

e0272050_14051642.jpg
















新庄彩子写真展、暖かな人の声と表情あふれる会期となりました。
島や写真、そして人に向けられた作家の愛情や興味や熱意が、様々な人に響いた結果であろうと思います。

遠く、離れた場所であるはずなのになんとなく、懐かしさや親しみを覚える優しい風景に心が穏やかになった1週間でした。

足をお運びくださいました皆様、ありがとうございました。

by gallerynenohoshi | 2017-04-10 22:03 | 展示

新庄彩子 写真展 ふるさとだったらよかったのに@5日目

e0272050_1863433.jpg

今日はあいにく作家不在となりましたが、島をよく知る方々が続々詰めかけてくださいました。
小部屋の奥、一本道が続く風景の横に見えるフェンスのむこうには学校があるそうなのですが
こちらに通われていたという島ご出身の方。

e0272050_1862321.jpg

今日はふらり、タイからご旅行中のおふたり。
"ふるさとだったらよかったのに"とはどういう意味ですか?とご質問をいただきました。
ふるさとであってほしいほど、愛おしくこの島を想っているのですよとお伝えしたところ、日本語が得意な男性が翻訳して女性に伝えてくださいました。

e0272050_1862177.jpg

島出身の方々は、写真を見ると、「あ!これは◯◯のおばちゃんや!」「ここはあそこだ!」と、
写真を前に盛り上がってくださいました。

e0272050_1863351.jpg

記念に一枚。雨の中をありがとうございました〜〜!

 さて、いよいよ明日は最終日。17:00までとなります。ぜひお出かけください!
by gallerynenohoshi | 2017-04-09 22:06 | 展示

新庄彩子 写真展 "ふるさとだったらよかったのに"@4日目

e0272050_13564525.jpg

本日も、写真展を心待ちにされていた沢山の方に足をお運びいただきました。
笑顔あふれる記念写真も沢山撮ることができました。

日曜日、作家は不在となりますが
今展には展示していない島の写真たちを収めた写真集が会場にございます。

じっくりと作家の見た風景を、会場の穏やかな空気と共に味わっていただければ幸いです。
by gallerynenohoshi | 2017-04-08 22:21 | 展示

新庄彩子 写真展 "ふるさとだったらよかったのに"@3日目

今日も開廊時間から小値賀島ゆかりの方、写真教室、ご友人、なんと展示情報を聞きつけて小値賀島からのお姉さんと、様々な方々がぞくぞくとお立寄り下さいました。某ズンドコ有名演歌歌手も小値賀島に遊びに来た、将来は移住したい、などなど、お話にお花が咲いておりました。実物のお花もたくさんいただきました!!
e0272050_17464364.jpg
e0272050_17464537.jpg
カラー写真の手焼き現像は難しい、というのが一般的ですが作家に写真との馴れ初め、手焼きの魅力や製作過程を聞いてみました。

作家と写真との出会いは、高校時代の先輩が大学入学後に写真を始めていて、駅でばったり出会ったところから始まるそうです。
そのきっかけから、先輩に写真を撮っていただく機会もあり、写真と接点が増えていったとのこと。

作家が写真教室に通い始めたのは社会人になってから。写真教室の先生に「一枚、一枚しっかり被写体を撮りたいならフィルム」と勧められ、それからずっとフィルム一本で、10年間デジカメに浮気せず、今展に至るそうです。

写真を1枚焼くのに4分半程度かかり、納得が行く写真を焼くのに、5時間かかって4枚とのこと。。。

作家が「撮影から仕上げまで自分で見届けたい」と真摯に向き合った写真20点が製本された写真集もございます。みなさん、窓辺でじっくり眺めていかれます。
e0272050_17464392.jpg
ちなみに、作家の名刺も小値賀島で100年続いている活版印刷屋さんで刷ったものです。今は、東京で一度就職した後、島に戻った4代目が切り盛りしているそうです。
e0272050_17464432.jpg
明日明後日の週末、作家は土曜日のみの在廊となっております。ぜひともギャラリーにて写真も写真集もご高覧くださいませ!

by gallerynenohoshi | 2017-04-07 17:52 | 展示

新庄彩子 写真展 "ふるさとだったらよかったのに"@2日目

e0272050_18355125.jpg

昨晩は、何度となく乾杯の音頭が賑やかな夜になりました。

さて、暖かな今日も朝からちいちゃなお子様連れのお母さんがたが足をお運びくださいました。
お出かけするのに本当に良い気候になりました。

今日も1日息つく間もなく、たくさんの方に足をお運びいただきました。
ありがとうございます。
特に今日は小値賀島とゆかりのあるかたがお立寄り下さり、嬉しい驚きにあふれた日でした。
嬉々としてお話ししてくださる新庄さんの小値賀島話を聞きながら写真を見ていると、さらに生き生きと写真の中の風景が見えてきて、知らない場所のはずなのにとても親近感が湧いてきます。

e0272050_18355215.jpg

鹿や牛が道を歩いているふるさとはそう多くはないはずなのですが、日本的な優しく穏やかな空気の溢れるのんびりとした雰囲気が、個々のもつふるさとの風景にもどこかリンクして、いろんな感情を想起させます。
それを選び切り取った作家の場所に対する愛情がそうさせているのかもしれません。

1枚ずつ、大事に大事に、全て手焼きでプリントされた写真たち。
ぜひご高覧下さい。
by gallerynenohoshi | 2017-04-06 18:48 | 展示

新庄彩子 写真展 ふるさとだったらよかったのに@1日目

e0272050_1911465.jpg

はじまりました、初の個展となります”新庄彩子 写真展 ふるさとだったらよかったのに”

e0272050_19115037.jpg

DMの風景に誘われて足をお運びくださった方、初めての個展に駆けつけてくださった方々と共にあっというまに日暮れとなりました。

e0272050_19133563.jpg

いそいそと準備がはじまりまして、
今日は今展のモチーフになりました 小値賀島(おぢかじま) の名産品が振舞われました。

e0272050_19145555.jpg

e0272050_19151698.jpg

生姜の味そのままの、おいしいジンジャーのジャムを炭酸で割って。
島の名産の"かんころ餅"と、しいちゃんのかまぼこなどなど。かまぼこは鯵100%という変わったものだそうで、みなさん興味津々で召し上がっていらっしゃいました。
賑やかで楽しい夜になりました。

e0272050_1924032.jpg

そんな雰囲気に誘われて、外国の方がふらりお立ち寄り。作品世界をとても気に入ってくださり終始お褒めいただきました。
e0272050_1924748.jpg

カリフォルニアからお越しのご一家でした。奥様はアーティストだそう。
かんころ餅にもトライしていただきました!

会期は来週の月曜日まで。ぜひひととき、のんびりしにおいでください。
by gallerynenohoshi | 2017-04-05 19:26 | 展示

新庄彩子写真展 ふるさとだったらよかったのに@搬入

すっかり桜も咲き出した、春を感じる今日この頃。
明後日からはそんな季節にぴったりな世界の写真展を開催いたします。

e0272050_19462540.jpg

"新庄彩子写真展 ふるさとだったらよかったのに"
作家初めての個展となります。

e0272050_19462228.jpg


五島列島に位置する 小値賀島(おぢかじま) の人、町、風景を被写体とした作品が並びます。

初めて耳にする島でしたが、写真を通して、同じ時代に生きている人々や島の風景を眺めながらとてもゆったりと、あたたかな気持ちになりました。
まるで映像を眺めているような時間を感じさせる作品たちです。

e0272050_19462421.jpg


ぜひふらり、足をお運びください。
小値賀島情報もギャラリーにございます!
by gallerynenohoshi | 2017-04-03 19:46 | 展示

Streamline XXVIII 井上陽介展 金属工芸/ジュエリー@最終日

いよいよの最終日。
まずは昨日最後にいらしてくださったお客様のご紹介から。

奥の小部屋にあった作品なのですが、ピンっときたようで、吸い寄せられるようにお手に取られました。
e0272050_19302627.jpg

e0272050_19302584.jpg

ポージングがかっこいい!
e0272050_19301871.jpg

はめてみてわかったのですが、側面まで細かな表情が付けられています。

会期中、「ネックレスは人のため、指輪は人のため」と作家がぽろり漏らした言葉がありました。
ネックレスはしている時には自分では見えないですが、指輪は目に入り、手元でいじる楽しみもあります。
そんな楽しさをさらにプラスして、自分だけのとっておきのお気に入りポイントをさりげなーくつけていたのです。キラキラと、銀に付けられたテクスチャーが光に反射して、ダイヤモンドの粉を降ったような煌めきでした。

e0272050_19301426.jpg

作家はもともと、陶芸の勉強をしていました。
大学院はインディアナ大学の金属工芸科に入り、それまでとは違う金属の世界に足を踏み入れたわけなのですが、日本ではなくそれが米国なのですから、言葉や文化も違う中で体得しなければならない様々な苦労があったと想像するのですが、
みじんもその苦労を感じさせないところが一番すごいところだなあと思います。

なんと今年は個展の準備も差し迫った頃に、母校に呼ばれ講義をされてきました!
e0272050_19301691.jpg


さて、次はどんな作品と技が飛び出すのか。
今回機会が叶いませんでしたみなさま、どうぞ次回をお楽しみに。
by gallerynenohoshi | 2017-04-03 19:41 | 展示