<   2018年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

つくるひと×つかうひと×みるひと展2018'@2日目

e0272050_12522402.jpg
今回、つつみ展の会場には空間上部にも作品がございます!
手作業で丹念に制作されたこちらは"ガーベラになりたい龍"ゆらゆらと揺れるモビールです。
早速海外のお客様が作品についてお尋ね下さいました。日本でもこのところモビールをよく見掛けるようになりましたね。吊るしてみるとオブジェとはまた違った空間を帰る力があって、とても素敵でした。今の時期ですと、空調による空気の流れでやさしく揺れるのでおススメです。

e0272050_13053587.jpg
e0272050_13065581.jpg
昨年ギャラリーで個展を開催された11月の森さんも、またひと味違った作品をお持ち下さいました。氷の様な透明感が美しいピアスやイヤリング、ネックレスなどなど。

奥の小部屋会場作品もいくつかご紹介いたします。
e0272050_13084974.jpg
"風と花"と題された連作です。
e0272050_13083262.jpg
側面迄ぐるりとお楽しみ頂けます。
部屋にちょこんと飾って頂くと、絵画とはまた違った気持ちの安らぎを感じて頂ける事と思います。

e0272050_13110547.jpg
こちらは海島工房さん。男性の方からもとても評判のお声が上がります。特に技術面に関して、どうなっているんだろう?!と何人かの方から驚きのお声を頂きました。
ぜひ近くで眺めて下さいね。

つつみ展会期中は 火・水 休廊となります。どうぞお気をつけ下さい。

※つくるひと×みるひと×つくるひと展2018'は3月4日までの開催ですが、奥の会場での企画展は1〜3期に分かれての開催のため会期替えがございます。






[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-29 23:46 | 展示

つくるひと×つかうひと×みるひと展2018'@1日目- (2)

無事に初日を終えましたつつみ展、いろんなお声を頂戴いたしました!

奥の小部屋から鳴り止まない"かわいい"のお声に、見に行ってみると nito さんのニット帽子にお声が上がっておりました。
照れていらっしゃるところを強引に一枚!
e0272050_14585799.jpg
丁寧に編んでいてかわいいとお褒めの言葉をいただきました。有難うございます!
nitoさんの帽子は残り3点になってしまいました。ぜひ会場でご覧ください。

e0272050_15004263.jpg
こちらは陶芸作家の藤内紗恵子さんのお皿です。
抱いて眠りたいほど!というなんとも最上級なお褒めの言葉を頂戴したこちら、ご覧いただくとわかるようにそれぞれに表情が異なり、選ぶのが一苦労。とても楽しい時間でもありますね。

e0272050_15021687.jpg
こちらも楽しく、苦しくお悩みいただきました松村淳さんのピアス。
e0272050_15025238.jpg
氷の粒のようなひんやりとした小粒のモチーフたちは、ガラス面の裏にとある工夫がほどこされており、それが光を綺麗に集めて白く美しい輝きを放ちます。
前回のつつみ展でも出展されましたシリーズですが、今回はイヤリングもございます!
前回涙を飲んだという皆様、ぜひご安心ください!イヤリング金具の他、ノンホールピアスタイプもご用意いたしております。
e0272050_15043636.jpg


e0272050_15085435.jpg
画像だとぼけてしまっている方になりますが、素敵な男性に手前の"カスミソウネックレス"をお求めいただきました。
女性へのプレゼントだそうで・・なんとも素敵なプレゼント、!
CHECOSさんの作品です。

e0272050_15085625.jpg
ちなみにこちら手前に映りますのは"カスミソウピアス"!奥にちらりと映るのは"カスミソウリング"です。
e0272050_15083412.jpg
今回は"サクラ"のネックレスとピアスも出展されています。繊細なお仕事で、眺めているだけでも幸せな作品です。

1点限りの作品が多い展覧会のため、ご売約後にはご覧になれない事も多くございます、何卒ご了承くださいませ。









[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-29 15:13 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2018'@1日目

41名の作家さんをお迎えしての"つつみ展"2018、本日スタートいたしました!
e0272050_14321853.jpg
初日の今日は作家のyuri hayashiさん、 hArchさん、コシゴエユウキさん、友沢達也さん、故金あかりさん、rishtaさんが代わる代わるお立ち寄りくださいました。
おいそがしいなか、有難うございます!

しばらく在廊してくださった作家のyuri hayashiさんの手元には自作がキラッと。
e0272050_14355791.jpg
大学在学時には油彩を学んでこられましたが、今は彫金へと技法を変えて作品を作っています。
e0272050_14360096.jpg
まるで目のような瑪瑙の石。お好きなモチーフなのだとか。

さて、本日より2/5(月)までは奥の小部屋会場にて10名の作家による展覧会も開催中です。
e0272050_14352040.jpg

e0272050_14375289.jpg
小部屋会場よりいくつか作品をご紹介いたします。
こちらは日本が技法を用いた絵画作品、コバヤシタクさんの作品です。

e0272050_14384877.jpg
こちらは日本刺繍によるオリジナルテキスタイルブローチ。中西彩さんの作品です。他にもイヤリングがございます。

e0272050_14393918.jpg
タティングレース技法で作られたブレスレットはBlancheさんの作品。他、ちょうちょをモチーフにしたブローチなどもございます。
e0272050_14405400.jpg

e0272050_14411089.jpg
水彩や日本画材を用いて平面作品を制作している石坂日奈子さん。個展では水彩画作品が主ですが、今回は和紙による染め紙作品などもご覧いただけます。

e0272050_14453088.jpg
陶芸作家の飯村和可奈さんはちょっぴり個性的なこちらの酒器や、自作のプリザーブドフラワー、オブジェなどを出展しています。
e0272050_14453592.jpg

まだまだ会場にはたくさんの作品がございます。東京では貴重な展示の機会となる作家さんも多くいらっしゃいますのでぜひこの機会にご高覧下さい。





[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-28 23:59 | つつみ展

スワンボートに乗って 村コシ麻海、望月ももか @ 最終日

スワンボートに乗って、無事に終了いたしました。

会期の直前まで新たな表現に取り組んだおふたり。まだまだ様々な表現を練り上げ、形にしたいものが溢れている時期のご様子でした。
刻々と変化しているこの時期に展覧会を開き、自作を俯瞰したことはきっと今後の糧になるのではと思います。
貴重なタイミングでの展覧会をご高覧下さいました皆様、お立寄り下さり誠にありがとうございました。
e0272050_16120096.jpg
e0272050_16120288.jpg
e0272050_16160222.jpg
e0272050_16160599.jpg
ますます精力的に制作をしていく作家です、どうぞ2作家の今後をお楽しみに!



[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-15 20:08 | 展示

スワンボートに乗って@5日目 村コシ麻海、望月ももか

e0272050_13114216.jpg
東京は本日も快晴です!
さて、残すところ本日と明日の会期になりました会場に、嬉しいニュースが飛び込んで参りました。

望月ももかさんが、ACTアート大賞展2017 にて優秀賞を受賞されました〜!
会場で見足りなかったみなさま、ぜひこちらにも足をお運びください。
同世代の作家、村コシさんと"人"をテーマに作り上げた空間で、作品の密な空気を味わっていただけます。
e0272050_13113801.jpg
本日2作家共に在廊致しております。
お散歩がてら是非、お出かけくださいませ。




[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-14 13:15 | つつみ展

スワンボートに乗って@3日目

e0272050_15453521.jpg
昨日、作品が1点追加されました。
淡く、立ちこめる靄のような空気の中にスワンボートが漂っています。

e0272050_15450327.jpg
e0272050_15450749.jpg
e0272050_15450828.jpg
今展では2作家共に"人"をテーマにした作品を描いていますが、その見せ方、描き方は様々。
作品の意図について受けた質問にも丁寧に考えて話してくれるおふたり。

e0272050_15484923.jpg
そうそう、初日にご紹介いたしましたこちらの"朝寒み"という作品は"あささむみ"と読み、これは俳句で使われる季語なのだそうです。

いろいろな季節を感じながらも、1年間手を休めることなく描き続けた様々な作品たちをぜひご高覧下さい。






[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-12 15:50 | 展示

スワンボートに乗って@1日目

精力的に発表を行う2作家の展覧会、本日よりスタートです。
冷え込みは厳しいですが、爽やかな光の差し込む1日になりそうです。
e0272050_15545336.jpg

e0272050_15552479.jpg
e0272050_15550798.jpg
e0272050_15550013.jpg
会期中、作家は全日・終日在廊の予定です。作品を前に色々とお話をしていただけますのでぜひぜひ足をお運びいただければ幸いです。

作家の村コシ麻海さんはこの春から数ヶ月、オーストリアへの留学が決まっているとか。
留学を機に、作品にも変化が現れるかもしれませんね。転機を前にした作品たち、ぜひご高覧下さい。



[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-10 15:59 | 展示

スワンボートに乗って@ 搬入

さて、明後日水曜日よりは

"スワンボートに乗って"
2018.1.10(水)~1.15(月) 12:00~18:00 最終日17:00まで

を開催いたします。
e0272050_12121643.jpg
e0272050_12121310.jpg
2作家による平面作品が並びます。

「ともに” 人 “というモチーフを扱いながらも表立つ作品の印象が異なる2人。同世代を生きる私たちがどの様に人を描くのか、 共通の会場に展示する事により見えてくる空間を是非ご覧ください。」

とのこと。若い感性で、今まさに感じていることを表現しています。
ぜひご高覧ください。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-08 22:06 | 展示

ながいゆうき写真展 異邦人 @最終日

e0272050_18404920.jpg
最終日、無事に終了いたしました。
あいにくのお天気でしたが、ご高覧下さいました皆様、誠にありがとうございます。

e0272050_18404638.jpg
会期中にはお花のプレゼントがありました。
こちらの水仙が、一株ながら大変濃い香りを放っており、背面に見えます"感受性"という作品に、良きヒントを与えてくれました。
e0272050_18405782.jpg
e0272050_17471772.jpg
展示の終わりには、閉幕の挨拶が行われ、
その言葉も作品展の一部であるような、とても印象深いものでした。

春から、生活が一変する作家ですが、その先に変わるものそして変わらないものなどを、いつかまた展覧会という形で味わう事を皆様と共に期待したいと思います。

次回社会人編、乞うご期待ください!




[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-08 18:45 | 展示

ながいゆうき写真展 異邦人 @5日目

e0272050_17470906.jpg
いよいよ今日そして明日で終わりの "ながいゆうき写真展 異邦人"

連日いろいろな話が会場でなされます。
作品を前にいつも出てくるキーワード、いつも質問される疑問もあれば、おやっという質問もあったり。
いつも出てくる話題は、会期中なんども繰り返されることによってどんどんとその芯が太くなり、作品の強さを増していきます。
e0272050_17471531.jpg
e0272050_17471342.jpg
昨日は終わり間際、作家による"語り"が行われました。
作家の見るもの、感じたこと、考えていることが写真と言葉によって共有できる空間になりました。
この作品たちが意味するものに共感する人、違和感を感じる人、ピンとこない人、様々だと思いますが
それ自体も作家の好きな東京の縮図のような気がして面白く感じました。

さて、最終伊波12:00~17:00まで。
作家は終日在廊致しております、ぜひご高覧下さい。



[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-01-07 17:52 | 展示