<   2018年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@最終日

e0272050_15495277.jpg
中沢梓大和絵展「刻一刻」、最終日の本日も遠方よりお立ち寄りくださった方など
みなさま生の作品をご覧になりたいと、楽しみにおいでくださりました。
お忙しいなかをありがとうございます。
e0272050_15502531.jpg
e0272050_15504418.jpg
画像ではお伝えしきれない、作品の味わいを会場でみなさまと共有でき、ギャラリー冥利につきる展覧会でした。
そうそう、海外からのお客様もたいへんお楽しみくださりました。
e0272050_16004330.jpg
大変お気に召してくださり、海を超えるかというところでしたが、生憎当該作品はご商談中のため、国内のご縁となりました。
帰国後の、旅の思い出として"YAMATOE"が記憶に残れば嬉しいです。

さて、作家は個展後も精力的に活動を続けます。馬の絵は一旦お休みとなりますが、どうぞ今後の展開にご期待ください。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-23 16:04 | 展示

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@5日目

e0272050_17211041.jpg
4年ぶりの個展とあって、心待ちにされていた方が多くいらっしゃいました。
作家は夕刻までの在廊でしたが、会期は明日までございます。

中沢作品で満たされた空間で、ぜひごゆっくりと心ゆくまで細やかな仕事をご堪能いただければ幸いです。

e0272050_17212619.jpg
昨日"瓢箪から駒"をテーマにした作品はご売約済みとなりまして、豆箱作品は"月と鼈(スッポン)"と"猫に小判"をモチーフにした作品が会場にございますのでどうぞご覧ください。
絵にかける熱い思いが丁寧なお仕事と、それを支える集中力になっているのだなと、在廊中の作家を通して絵の秘密を知りました。
明日17:00まで、どうぞお立ち寄りください。



[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-22 17:34 | 展示

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@4日目

さて、お待たせいたしました!本日は作家在廊と、出来立てほやほやの小箱作品が並びました。
平日においでくださったお客様へお知らせしたところ、心待ちにしてくださり
e0272050_15595293.jpg
早速こちらのへその緒ケース3点は、ご売約となりました。
NYでご出産の方への贈り物だとか。予想もしないプレゼントに、きっと驚かれますね!
e0272050_15595314.jpg
こちらの豆箱も可愛らしい作品です。指輪や、大事な秘密を入れたSDカードを入れたり・・なんて。

e0272050_15595609.jpg
e0272050_15595873.jpg
装束研究家の八條先生。作品を前に、ミニ講義が始まりました。

久しぶりの個展とあって、たくさんのお声が響きました。
明日は12:00~16:00まで在廊の予定です。ぜひお近くお立ち寄りの折には、足をお運び頂けますと幸いです。







[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-21 16:04 | 展示

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@3日目

折り返しの3日目となりました本日も、気持ちの良い晴天でした。
暑い日が続くと、すこしばかし涼しさも欲しくなりますね。
e0272050_16412603.jpg
本日はこちら「春宵」をお求めいただきました。
ちょうど作家HPでも記事になっておりましたので、ぜひご覧くださいませ。
→ 作家HP

さて、今回の展覧会で人と馬をテーマにした作品はしばらく封印されるということで、
貴重な個展会期となりました。

さすが研究を重ねられてきただけあって、馬の持つ美しさやボリューム感などなどが
大変生き生きと描かれており、ご売約してしまったものが多いのですが、
まだご縁を待っている作品もございます。

週末は作家も在廊を予定いたしておりますので、ぜひ足をお運びいただければ幸いです。
<作家在廊予定>
土12:00~18:00
日12:00~16:00
e0272050_16412923.jpg
「留守模様」直径280mm,紙本着彩
e0272050_16412855.jpg
「尾張之駿馬図」軸装

画像では伝わらない線の繊細さ、強弱などなど、見所満載です!
どうぞ会場でご堪能ください。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-20 16:51 | 展示

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@2日目

e0272050_17071857.jpg
昨日の雨から、今日は気持ちの良い晴天に恵まれました。汗ばむ陽気に、端午の節句がもうすぐなのを思い出しますね。
ちょうど今見頃の藤の花、こちらの絵の中にも咲いています。
e0272050_17071728.jpg
本日はこちらの丸窓の作品がご売約となりました。
「一騎図」と題されたこちらの作品、馬にまたがる男の子がお孫さんのお顔にそっくりということでした。
きっとお孫さんが成人されて、いつかお子さんが生まれた先へ、引き継がれていく絵になることでしょう。

e0272050_17072222.jpg
e0272050_17072006.jpg
小部屋には現代の子をモチーフにした作品が並んでおります。ふくふくとした女の子、愛らしいですね。
オーダーもお受けしているそうなので、ぜひ完成のご参考に、会場へ足をお運びいただければ幸いです。
e0272050_17072562.jpg
昨日はこちらの箱作品がご売約となりました。お顔は見えませんが、装束の裾の流れや微妙な首の角度などなど
いろいろな想像が膨らむ作品です。お色の美しさも見事でした。

さて、明日はいよいよ会期も折り返しとなります。
ぜひご予定にお加えいただければ幸いです。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-19 17:14 | 展示

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@1日目

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」、本日よりスタートいたしました!
e0272050_16073333.jpg
DMに掲載いたしましたこちらの作品は、早々に旅立って行きました。
馬の足元には鹿や竹、松の図が広がります。
e0272050_16073402.jpg
どこを切り取ってみても可愛らしく、美しい作品です。
e0272050_16073679.jpg
丁寧な仕事が光ります。
e0272050_16074151.jpg
こちらは「留守模様」。きちんと足を揃えて主人を待っているのでしょうか。健気な馬に、凛々しさと可愛らしさが同居しています。
色のバランスもとても素敵です。画像ではお伝えしきれない色のトーンや、細かな装飾など、ぜひとも生でご覧いただきたい作品ばかりです。

作家は土・日の在廊を予定いたしております。
会期は来週月曜日までとなっております、ぜひご高覧下さい!

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-18 16:12 | 展示

中沢 梓 大和絵展 「刻一刻」@搬入

さて、明日より中沢梓大和絵展「刻一刻」を開催致します!
e0272050_11414120.jpg
桐束入れに絵付けされた作品や・・

e0272050_11414196.jpg
絹に丹念に描かれた作品等、側面迄大変に心配られた丁寧な作品ばかりです。

中沢さんの描かれている世界は、日本という国が一番色濃く出ている場面や時代を感じます。眺めつつ、なんだか誇らしい気持ちがして来ました。
博物館に収められている、当時を生きた人の描いている作品とは違い、同じ時代に生きる絵師が描く世界だからこそ、見る側も絵の世界に入りやすいと思います。
ぜひご高覧下さい!

作家は土日のみの在廊です。週末には絵付けされた桐箱がすこし追加される予定です。
また改めましてご案内致します。
-----

中沢梓 Azusa Nakazawa

大和絵所ふくふで 主宰
現在、愛知県名古屋市にて制作をしています。
伊勢志摩産の真珠を納める桐箱に絵付けをするなど、
地域の伝統産業を守り、再興するための活動にも携わっています。

1984年 東京都に生まれる
2008年 源氏物語一千年記念祭「源氏物語の姫君たち展」入選 優秀賞受賞
2009年 女子美術大学大学院日本画研究領域修了
2011年 パリ国際サロン出品招待
2012年 見参-KENZAN-展(以降’13~’17年)
2014年 アートのチカラ /伊勢丹新宿店(以降’15’16’17年)
個展 「やまとを描く」 中沢梓日本画展/ 伊勢丹新宿店
個展 「かんばせ」/Gallery Forgotten Dreams
2015年 アートアートアート/ 名古屋松坂屋(以降’16’17年)
日本画三人展/ながの東急百貨店(以降’16’17’18年)
2016年 MITSUKOSHI ART CUBE /日本橋三越本店
2018年 ニッポンイケメンイケジョ図鑑展/ 伊勢丹新宿店
その他 グループ展多数


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-17 11:48 | 展示

井上 陽介 展 streamline XXXI@ 6日目

最終日、今週は温かな日も続き、涼やかなこちらの錫の片口も旅立ちました。
e0272050_17315006.jpg
お求め下さった方は、こちらはお水を入れてお使いになるようでした!
e0272050_17295588.jpg
今年も様々な作品で、金属の美しさや面白さを見せて下さった展覧会でした。
e0272050_17300761.jpg
DMにも掲載しておりましたこちらの作品、素材名に18金とありましたので、どこかなあ、と思っておりましたら
e0272050_17294921.jpg
なんと裏のピンの部分でした!
これにもしっかりと理由がありまして・・

聞けばこの18金、丈夫な素材なのだそうです。
ピンは脱着の時に摩耗していく部分であるため、長く不自由無く使えるように
考えてピンにされたのだとか。

全ての金属を人の価値目線で差別せず、特性や美しさがそれぞれに引き立つ所を考えて作っていきたいということでした。
これもまさに個人作家ならではの仕事、そして井上氏だからこその作品だなあと今年もとても勉強になった6日間でした。

他にもご紹介しきれず、旅立った作品達が満載ですが、手を休める事なく作品を生み続けている作家です。またの機会をぜひご期待下さい!


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-02 19:27 | 展示

井上 陽介 展 streamline XXXI@ 5日目

e0272050_18044253.jpg
さて、5日目を迎えました会場です。大分お持ち帰りの作品もございまして、会場内がすっきりとしてまいりました。
いくつかご売約済みの作品をお預かりさせていただいており、預かり作品を元にオーダーも可能です!
e0272050_18045373.jpg
e0272050_18045614.jpg
e0272050_18051758.jpg
1杯分のドリップをするために考案されたドリップポット。
裏も、サイドも、ぐるり360度どこからみても美しい形をしています。
e0272050_18054532.jpg
こちらは本日ご売約いたしましたペリドットのリング。流金の煌めきの中に、爽やかなグリーンが綺麗ですね。
暑くなる季節に向かって、ぴったりなひとつでした。

少なくなった会場に、錫でできたお皿が数点並びました。
明日の最終日も初お目見えの作品をご覧いただけますのでぜひぜひお立ち寄りください。






[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-04-01 18:18 | 展示