<   2018年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

KATSUYA153 EXHIBITION SUMMER BREEZE@4日目

e0272050_15121513.jpg
あまりの暑さに、日中で歩くことも躊躇われるような日が続きますが、お出かけいただきました皆様、誠にありがとうございます!
昨日ご売約となりましたこちらの2作品も大変に素敵なものでしたが、まだまだ素敵な作品がございますのでどうぞ楽しみにお出かけください。
e0272050_15114419.jpg
本日はこちらの「moment」がご売約となりました。絵画をお求めになられるのは今回が初めてとのことで、
じっくりと吟味されていらっしゃいました。どちらも素敵で迷ってしまいますものね〜!
e0272050_15113877.jpg
お家の中に絵がある生活、楽しんでくださいね!

会期は残すところ 日・月 の2日間となります。
最終日は17:00までとなりますのでお気をつけくださいませ〜。

さて、先日スタッフがKATSUYA153さんに取材を試みました!
どうぞお手隙にてご覧くださいませ。
---

本日はKATSUYA153さんの人となりについて、ちょっとお伝えします。
スタッフのわたくし、「鎌倉」「湘南」という単語から日焼け・短パン・アロハシャツで登場するような作家さんかなと、かなり偏ったパブリックイメージをお会いするまで抱いておりました。
e0272050_16445941.jpg
ご本人に直接お伺いしてみるとこれまでもKATSUYA153さんの作品と人となりにギャップを感じるお客様もいたようで・・・

KATSUYA153さんの自己分析はこちら
  • インドア派
  • 読書が好き
  • 理系
  • 客観的
  • でもポジティブ

小学校では、授業前にサーフィンをしてから登校するお友達もいたとか、まさに湘南!プロサーファーのお友達もいらっしゃるそうです。
ファッションについても、昔は、ピアスも10個以上、服装もヒップホップ調で派手だったが、21歳から画家を初めた頃から、絵も下手で格好だけ派手なのは格好悪いと思って黒髪にし、落ち着いた格好をしていたそうです。

外国で描いてみたい国は、シンガポール。街と海が共存しているところが湘南を彷彿とするとのことです。
夕焼けが好きで、夕焼けばかり描いてしまうので、意識的に朝や昼間を描くそうです。
以上、お話を聞いてみると「湘南」という地域や自分を内外からの冷静な視点を併せ持っていて、分析に長けている方だとわかります。
e0272050_16450661.jpg
e0272050_16450862.jpg
人魚姫の最期、朝日の中、体が溶けて泡になった海ってこんな色だろうなという風景も描けるのだと思いました。

会期中はご本人も在廊しておりますので、お気軽に疑問質問お寄せくださいね〜!

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-30 15:20 | 展示

KATSUYA153 EXHIBITION SUMMER BREEZE@3日目

本日も暑い中、場所は茅ヶ崎や横須賀から、たくさんの方がギャラリーに足を運んでくださいました。
e0272050_16233188.jpg
e0272050_16252219.jpg
別の展示会場で作品に惚れ込み、悩み、展示会場へ通い、購入を決意した時には、タイミングが悪く買えなかった!という方が、今回「gradually navy」をお買い上げいただきました。
e0272050_16235781.jpg
続きまして、「stardust」もお嫁入りいたしました。元々はKATSUYA153さんのファンで、展示1日目にも来てくださり、いくつか購入候補の作品があり、悩んでいたとのこと。KATSUYA153さんが星を描くのは珍しいそうです。
e0272050_16244363.jpg
関東は梅雨明けが発表されましたね。週末、熱中症に気を付けて、ぜひ足をお運びください。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-29 16:28 | 展示

KATSUYA153 EXHIBITION SUMMER BREEZE@2日目

♪「君が好きだ〜と叫び〜たい」

え?何の歌だって?
こちらの「SUMMER BREEZE」に描かれている小さな踏切は『スラムダンク』のオープニング曲シーンに登場する場所だそうです。
e0272050_15572484.jpg
子の星で"聖地巡礼”ができますよ!好きだって叫んでいいですよ!!
ポストカードには、踏切を正面から描いた絵もあります。
e0272050_15572429.jpg
KATSUYA153さんは瞬間的な印象を焼き付けたくて蛍光色を使用しているとのこと。
江ノ電が絵の中に入っていたり、遠近法が必要な場合は、写真を見て描くそうですが、湘南の風景は頭に入っているので、何も見ないで描けるそうです。さすが、生まれも育ちも湘南ですね。

続きまして、小部屋の様子はこちら。
e0272050_15572345.jpg
KATSUYA153さんは大きいサイズは3日から一週間小さいサイズは1日でも描けることがあるとのこと。

鮮明ながら時として哀愁も感じる空と海と光の絵画、今年の夏の扉を開けるのにいかがでしょうか?
代官山でお待ちしております。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-28 16:02 | 展示

KATSUYA153 EXHIBITION SUMMER BREEZE@1日目

今日もしっかりとした暑さですね!初日、スタートいたしました。
e0272050_18062183.jpg
青色の冷たさが気持ち良い1週間になりそうです。
e0272050_18063468.jpg
大人になって働いていると、
日が落ちる少し前の光が強く放たれる瞬間に気がつく前に、1日が終わることが多いと思います。
会場にはそんな一瞬の美しい光たちと、クルマや電車のライトの光との競演がご堪能いただけます。

写真みたいですね、とのご感想を多くいただく作品ですが、
近づいて見てみると、これは確かに絵だ!とわかる筆致を確認できます。

細かく、細部までリアルに描いてあるために写真のように感じるのではなく、
KATSUYA153さんの作品は、実際に作家が見て、現場を知っているからこそわかる
現場の空気をたしかに描きつけているため、実感を伴った風景になっているのだと感じます。
e0272050_18174776.jpg
外からご覧になって、気になりお入りくださった方。即決でこちらの作品をお求めくださりました!
電車がお好きなのだとか。
他にも江ノ電を描いた作品がございます。

最近は観光人気の高まりを受けて、人で溢れかえっているようです。
賑やかなのも楽しいですが、騒がしさ、は風景に浸りたい時にはちょっぴり不要かもしれません。

絵の世界では鎌倉の味わい深い風景に、静かに浸ることができます。
ぜひお出かけください。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-27 18:39 | 展示

KATSUYA153 EXHIBITION SUMMER BREEZE@搬入

さて、明後日水曜日より、湘南の画家 KATSUYA153 による個展、 EXHIBITION SUMMER BREEZE を開催いたします。
e0272050_16133673.jpg
絵をご覧になって、あっ!と思われた方も多いのではないでしょうか。

2016年の冬に、個展を開催いたしました。
今回は、日差しも夏を感じるこの季節。
暑い日中に、心地よいクリアな空気を感じる作品たちです。
e0272050_16134672.jpg
以前よりも、はっとするような色の強さ、美しさが増したように感じ伺ってみましたら、
KATSUYA153さんももちろん、作品の変化にはお気づきで、
どんどん光の強さを求めて行かれているようでした。
色の淡い作品を見ているとモノクロのように感じてしまったりするんです、と。

印刷物では出せない光の色が、しっかりとキャンバスに焼き付けられております。
ぜひお運びくださいませ。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-25 16:18 | 展示

いつかの庭-真鍋修日本画展 @最終日

e0272050_16073718.jpg
いつかの庭ー真鍋修日本画展、盛況のうちに終了いたしました。
梅雨真っ只中の、お足元の悪い日もございましたが、お立ち寄りいただきました皆様、ありがとうございました。
e0272050_16073243.jpg
絵のモデルさんもいらしてくださりました!
だいぶ10年ほど前にモデルされたとお着物のポーズいうことで、髪の毛の長さが時間を感じさせますね。
作品になっていることをご存知なかったとのことで嬉しいサプライズとなりました。

シランの庭、目覚める土、などなど大きめの作品も続々ともらわれてゆきました。
絵の中に描かれた風景や人物、雰囲気を愛してくださる方々に
大事にしていただけそうで、とても嬉しいご縁ばかりでした。

ますます精力的に描かれていく作家です、作家の身の回りの変化とともに
描かれるモチーフもすこしずつ変わっていきそうです。次はどんな日常の風景が見られるか・・
どうぞお楽しみに。




[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-24 19:06 | 展示

いつかの庭-真鍋修日本画展@9日目

梅雨の晴れ間に恵まれて、数日、お出かけが億劫ではないお天気ですが、お洗濯に忙しくなってしまったり、なんてこともあるでしょうか。
さて、会期はもう間も無く終了となりますが、このほど新作がお披露目されましたので、すでにお越しいただきました皆様のためにもご紹介いたします。

こちらは本日展示された作品でございます。
e0272050_22033944.jpg
水辺と草(画像右)

これまでの作品とはまた一味違う、素敵なお色味の作品でした。
石粒の表現も面白いです。残り明日明後日と2日間ですが、ぜひお運びいただければ幸いです。

真鍋氏の作品は、穏やかで優しい雰囲気が特徴です。
道を歩く蟻の列や、草を摘んだりした懐かしい子供のころの思い出とともに
ゆったりと過去を振り返ったり、ビルの中で一日中お仕事に追われ、そういえば太陽見ていないな・・なんて方に
陽の暖かさを絵と共に思い出していただけたら、と思います。

明日明後日も作家在廊の予定です。ぜひお出かけください。
最終日は17:00閉廊となりますのでどうぞお気をつけください。

※作品に関するお問い合わせはギャラリー子の星HP内、コンタクトよりも承っております。
お気軽にご連絡ください。




[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-22 22:12 | 展示

いつかの庭-真鍋修日本画展@6日目

さて、お待たせいたしました!

新作の作品が本日2点展示に追加されましたよ〜。
絹本(絹地に描かれた作品です)の人物画と、紙本着彩の「ハナニラ」の絵です。
e0272050_18474319.jpg
e0272050_18504269.jpg
作品はどれもなのですが、日本画は重なり合った絵具の出す微妙な色彩や透明感、そして岩絵の具の持つきらめきなど、生でご鑑賞いただくことを強くお勧めいたします。
e0272050_18513222.jpg
火曜日の休廊を挟みまして、会期は24日(日)までとなります。
ぜひお出かけくださいませ。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-18 18:51 | 展示

いつかの庭-真鍋修日本画展@5日目

さて、今展は来週の日曜日までとすこし長めの会期設定になりまして、
本日第一回目の日曜日でした。
e0272050_17071299.jpg
実はまだ、新しい作品が数点並ぶ予定です。

絹に描かれた人物画など、ぜひご覧いただきたい作品も登場の予定です。
明日にはご紹介できるかな?というところですので楽しみにお待ちいただければ幸いです。

今回は作家にしては珍しいモチーフの作品も何点かございます。楽しみを奪わぬよう、今週はちょっぴり控えめのご案内とさせていただきました。改めまして在廊日のご案内です。

明日作家は在廊致します。

会期中 19日(火)は休廊日
<作家在廊日> "18日(月)、22日(金)、23日(土)、24日(日) "


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-17 17:10 | 展示

いつかの庭-真鍋修日本画展 @1日目

いつかの庭ー真鍋修日本画展、本日は生憎作家不在ですが、たくさんの作品と共に皆様をお迎えいたしました。

在廊予定日は " 14日(木)、15日(金)、18日(月)、22日(金)、23日(土)、24日(日) "となっております。金曜日は20:00まで開廊いたしますのでぜひお立ち寄りいただけますと幸いです。
e0272050_16534546.jpg
さて、こちらは今展のDMにも使用された作品です。
「シランの庭」さっそくにご売約となりました。
DMでは画像をトリミングしていたのですが、実作品はこのようにすこし横長の作品となります。

お求めくださった方は、ハガキを見て気になってくださってはいたそうなのですが
実際の色味、風合い、モチーフなど現物をご覧になり
本物はとても良いとお求めくださりました。
e0272050_16534742.jpg
e0272050_16535622.jpg
e0272050_17014938.jpg

前回展の時同様、奥の小部屋では描き溜められた人物スケッチや静物、風景、そして小下図などをご覧いだけます。
販売もいたしておりますので楽しみにお越しくださいませ。
ちょっとした色の入れ方で、食べ物や人物が生き生きとする様を間近でご覧いただけるので
お楽しみいただけると思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-06-13 17:01 | 展示