<   2018年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2018.9.30(日)~10.7(日) 吉田事物屋 “STUDIOLO”@1日目

e0272050_16344830.jpg
ドンピシャ台風に当たってしまいました展覧会初日、本日は14-20時の開廊時刻を繰り上げて、12-18時にて開催いたします。
吉田事物屋さん、個展はお久しぶりとの事で、なんと6年ぶりなのだそうです。

っと、実は今日で子の星も6年目を迎える事ができました。
6年前の開廊日も、ひどい台風であった事を思い出します・・
おかげさまでの6年目、足をお運びくださりました皆様、素敵な空間をつくってくださった作家の皆様、
誠にありがとうございます。そして明日からもどうぞ宜しくお願い致します!

e0272050_16343290.jpg
本日は首都圏各線も、夕方以降は間引き運転や、20時からは完全に電車も運休となる見通しですが、

明日は台風一過。風は残るかもしれませんが、たくさんのドローイング、作品がぎっしり詰まっております。
ドローイングはどれも緻密に書き込まれ、見ごたえたっぷりです。ぜひお越しください。

さて、会場よりいくつかのドローイング作品をご紹介いたします。
e0272050_17413338.jpg
左右ともに「screwdriver」:紙,ペン,色鉛筆
e0272050_17412932.jpg
「plummet」:紙,ペン,色鉛筆

なお、作家の在廊は、10/6 (土)・7(日) を予定いたしております。
来週末も台風が心配なお天気です、どうぞお早めにご高覧下さい。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-30 17:45 | 展示

2018.9.30(日)~10.7(日) 吉田事物屋 “STUDIOLO”@搬入

e0272050_19442712.jpg
明日より開催の展覧会に向けて、本日は搬入作業を行いました。
設営の様子をお伝えする前に、明日のお知らせです。

9月30日(日)より開催の 吉田事物屋 “STUDIOLO” は、台風の影響による皆様の安全を優先する為、時刻を変更して開催いたします。

————————————-

9.30 開廊時刻
14:00-20:00
▶︎ 12:00 – 18:00

————————————-

明日のご来廊をご予定くださっている皆様、くれぐれもお気をつけてお越しくださいますようお願い申し上げます。
e0272050_19443822.jpg
すっかり日も暮れ、たくさんのドローイングたちも壁面に取り付けられ
だいぶ会場の雰囲気が見えてきました。
e0272050_19445276.jpg
今回は"吉田事物屋"さんの、「少し変わった使い方をされたであろう道具を、事物屋的視点を元にして制作されたドローイングやペン画や道具の展覧会」という内容です。
お店のような、博物館のような、不思議な空間になって参りました。
ぜひ楽しみにお越しいただければと思います。

================
作家 Website
================

吉田和司(吉田事物屋) 
1978年 三重県生まれ
2001年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業
2005-2007、2009年 近畿大学国際人文科学研究所 四谷アートステュディウム 在籍
東京都在住

「使えなさそうで使えそうな事物」に関する道具性について、作品制作および「吉田事物屋」としてアプローチをしている。
主な展覧会に「吉田事物屋/事物屋博物館」(いちはらアート×ミックス2017)、「吉田事物屋 Remarks on the selected junk code.」(路地と人)、「漂う道具 ーOpen and closed sequencesー」(gallery feel art zero)、「Wandering series」(森岡書店)。




[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-29 19:51 | 展示

2018.9.19(水)~9.24(月) 害虫シンフォニー @ 最終日

e0272050_19383321.jpg
害虫シンフォニー、連日虫愛に満ちた人々で、最終日も賑やかに終了いたしました。
作家さんは意外?にも全員女性。東西の無視愛づる姫君たちの贅沢な共演でした。

各作家さんは引き続き精力的に制作される模様です。
今展ご都合の会いませんでした皆様、ぜひ他の会場での出会いをお楽しみに。

ご来廊有難うございました!


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-24 20:29 | 展示

2018.9.19(水)~9.24(月) 害虫シンフォニー @ 5日目

日曜日、欠品していた西本百合さんの"くるみボタン"と共に、展覧会のフライヤーにも使用されました虫たちと楽器を組み合わせた作品が届きました!
e0272050_15025808.jpg
1作品ずつ丁寧に描かれた作品です。印刷では見えなかった色味や線の勢いなど、見所満載です。
ぜひご覧ください!
e0272050_15051834.jpg
こちらはつのだゆきさんの女郎蜘蛛作品。この蜘蛛の糸たちもちゃーんとガラスなんですよ!
見ているとひやひやどきどきしてきます。

月曜日の最終日も18:00までの開廊です、みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。







[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-23 22:02 | 展示

2018.9.19(水)~9.24(月) 害虫シンフォニー @ 4日目

連日たくさんの虫好きさんたちにお立ち寄りいただいております!
虫を愛でる文化というのは、日本独特のものなのだそうですね〜。

さて、こちらは"蛾売りおじさん"の作品"ムクゲコノハ"です。裏も表もどこもかしこも、愛情持って一針一針縫われております。蛾売りさんの"蛾"たちへの愛情は半端なく、作品を解説なさる際の言葉の端々に、蛾たちへの愛と敬意があふれていました。
e0272050_17032797.jpg
e0272050_17032919.jpg
e0272050_17133584.jpg
こちらは"あまのじゃくとへそまがり"さんのダニポーチたち。非売品のためご紹介だけですが、
白い壁面に展示されたポーチたちを遠くから眺めていると図鑑の中に入り込んだようで楽しくご覧いただけます。
それにしても、ものすご〜くリアルです。全部革でできているんですよ〜。
e0272050_17145563.jpg
虫作品の他に、グッズ類もたくさんございます。こちらは硝子昆虫作家の"つのだゆき"さんのトンボの羽のガラス製マドラー。

先日ご紹介いたしましたつのださんのタマムシは、お迎えがいらっしゃり、代わりに他の作品たちがオーケストラの舞台に上がっております。
e0272050_17163969.jpg
見納めのタマムシを別角度からの画像でお届けいたします。

欠品していた西本小百合さんの追加作品が、明日到着する見込みです。
どうぞお楽しみに。





[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-22 17:18 | 展示

2018.9.19(水)~9.24(月) 害虫シンフォニー @ 2日目

本日はあいにくのお天気となってしまいましたが、
楽しみに足をお運びくださる方で賑わいました!

それでは会場からいくつか作品をご紹介いたします。
e0272050_17372709.jpg
こちらは切り絵作家の"いわたまいこ"さん作「ギボシカミキリ」と「クロオオアリⅷ」。
e0272050_17245044.jpg
こちらは"小森雨太"さんの害虫擬人化図鑑。会場で立ち読みもできますのでぜひご覧ください。
中身のボリュームがとってもぎっしりつまっておりますので、おうちでゆっくりご覧いただくことをオススメいたします。
大人も子供も楽しめますよ〜。
読んでいると、嫌われ者な害虫たちが、なんだか愛らしく思えてくるから不思議です。

こちらは"西本百合"さんの鉛筆画です。
e0272050_17250225.jpg
e0272050_17245948.jpg
「ゴマダラカミキリムシ交響曲」
e0272050_17244464.jpg
クローズアップしてみます、細部まで繊細に描かれていますね〜。
鉛筆の乾いたシュッとした感じ、繊細な線が虫たちととてもよくマッチしていました。
e0272050_17245339.jpg
「カシワマイマイ」
こちらは"蛾売りおじさん"のもうひとつの顔、絵の作品です。
e0272050_17244603.jpg
"蛾売りおじさん"はグッズも多数ご用意しております、お手にとってご覧くださいね。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-20 17:54 | 展示

2018.9.19(水)~9.24(月) 害虫シンフォニー @ 1日目

e0272050_17051647.jpg
オープンを待ちわびる方もいらっしゃり、夕方も賑やかであっという間に日暮れの頃となりました。
初日からたくさんの虫達がご売約いたしました〜〜!
会場にて会期中展示しておりますのでぜひぜひご覧くださいね。
e0272050_17051360.jpg
こちらは個展や2人展などで何度かご紹介いたしましたガラスを主技法に制作を行う"つのだゆき"さんの"ミツツボアリ"と"タマムシ"。
e0272050_17050999.jpg
e0272050_17051918.jpg
こちらは"蛾売りおじさん"の刺繍でできた"チャドクガ"のブローチ。
もっふもふです。
e0272050_17180767.jpg
つぶらな瞳のかわいいお顔、本物は毒があるため触ってはいけませんが、この子なら頭を撫でて可愛がって飼うことができますね!
e0272050_17192339.jpg
こちらは"はんこのだるま屋"さんの平面作品。非売品のため、お持ち帰りいただくことはできませんがぜひご高覧下さい。
e0272050_17192814.jpg
そしてこちらも非売品ですが、"あまのじゃくとへそまがり"さんの革でできたポーチ達。
不思議なリアルさがあるんですよ〜

様々な技法で、真面目に愛情深く虫達を作っている作家が一堂に会した贅沢な展示です!
拠点が東京ではない方も多くいらっしゃいますのでぜひこの機会にご覧いただければ幸いです。

会期は来週月曜日まで。
期間中は、<蛾売りおじさん>さんと<つのだゆき>さんが主に在廊されております。
虫にまつわるいろんなお話しも楽しみに、お出かけくださいませ。





[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-19 17:23 | 展示

2018.9.19(水)~9.24(月) 害虫シンフォニー @ 搬入

e0272050_16311091.jpg

!?

害虫シンフォニー
2018.9.19(水)~9.24(月)
会期中全日 12:00~18:00


害虫ってなんだろう

彼らの奏でる音楽は
人には煩わしいものかもしれない

でもね、それは人次第

視点を変えてみたならば
彼らの魅力に気付くかも,,,

害虫をテーマにした作品が集います。


・・・

明日からの開催です!

虫がお好きな方も、苦手な方も、嫌いな方も、みんなが楽しめる展示です!
ぜひぜひお出かけください。
e0272050_16311650.jpg

[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-18 16:32 | 展示

2018.9.12(水) ~ 9.17(月) 火・水・土 須賀文子(陶芸)・増田沙織(日本画) 二人展 @ 最終日

最終日前日、奥の部屋に鎮座しておりました須賀さんの大皿が旅立ちました!
e0272050_12411034.jpg
お求めくださったのは、こちらの男性。志高き料理人の彼は、器を前にしていろんなお料理の想像をお話ししてくれました。そして、このお皿の持つスケール感に惚れた、と嬉しいご感想をくださりました。ようくご覧いただきますと、お皿の下部、山の下の方は釉薬の溜まりによる白くかすむような色が見え奥行きや高さを感じさせます。お皿の右上、彼方から飛んでくる鳥の群れは、お皿の外の世界までも想像させてくれるのです。色合いも絶妙なブルーの入った作品でした。火を通して出てくる作品は作家にとっても一期一会ですね。
e0272050_12411545.jpg
アルゼンチンから留学中という男性、ご自身も陶芸家という彼は日本の民芸品の雰囲気が大好きなのだとか。
終始日本が好きだ、と入ってくださり嬉しい気持ちになりました。
こちらの器はお友達のドイツ人へのお土産にするよ、ということでした。
e0272050_19591190.jpg
6日間、色々な方にお運びいただきました。ありがとうございます!
e0272050_19590917.jpg

狛犬たちも通りゆく人の足を止めるために頑張りました。

お忙しい合間を縫ってご高覧いただきました皆様、誠にありがとうございました!


[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-18 12:49 | 展示

2018.9.12(水) ~ 9.17(月) 火・水・土 須賀文子(陶芸)・増田沙織(日本画) 二人展 @ 5日目

さて、会場作品も大分少なくなって参りました!
e0272050_19015109.jpg
こちらの招き猫、丁度招き猫を御探しだったという男性にお求め頂きました。
いい面構えの子が居たら買おうと思っていたところ、今回偶然にも招き猫の出展があったのでした〜。
e0272050_00594542.jpg
奥の小部屋には人気の鯛焼き小皿たちや箸置きなどなど、それぞれ表情豊かに並んでおります。1つずつ表情が違いますので、楽しく御選び頂けますよ〜。
e0272050_01082958.jpg
水彩ドローイング
e0272050_00590064.jpg
日本画作品 /「波の音」/ 天竺綿キャンバス,膠,岩絵具,水干

日本画作品と水彩ドローイングは本日までに合わせて4点がご売約と相成りました。
会期後はご覧頂けます機会が無くなりますので、ぜひご高覧頂けますと幸いです。

上の画像作品「波の音」作品は、くじらに見える、やイカに見えるね〜というご感想を頂きました。右中央にぽつんとおちた丸い点から皆さん想像されるのでしょうか。
いずれにせよ、画面から想像を膨らませて、楽しみながらご覧頂けるのは嬉しい事です。

明日は最終日のため16:00閉廊となります、普段よりすこし早めの閉廊となりますのでご注意下さいませ。





[PR]
by gallerynenohoshi | 2018-09-17 00:58 | 展示