人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @4日目

e0272050_12314070.jpg
美しい佇まいのカードケース。こちらの3色は、作家自身が染め、縫い、ひとつずつしっかりと仕事を重ねて作り上げました。
作家紹介ページ@三富慎也

お手に取ってくださった方からは、ん?革?と、一瞬”?”が飛び交います。
紙みたいと、手触りの不思議さと温かさに、なんだろう、となるみたいです。

作家の三富さんは、”今ならでは”を考えて制作しているといいます。

普段私たちが目にする綺麗な革とは違って、コルクのような繊維が見えていますが、
これはお店に並ぶ皮革製品になるには、汚れや傷とされているためにあまり見ることがないのだそうです。
エコであること、も真面目に考え、染めだしに使う珈琲殼は、身近で出た出し殻を使ったりと、物たちへの愛情に溢れていました。
e0272050_12362640.jpg
ちょうど三富作品をお持ちの方がいらしたので、2ヶ月ほど経過した状態を写させていただきました。
e0272050_12362712.jpg
使う人の容量に合わせて、形が出来ていく様も面白いですね。
左右ともに2ヶ月ほど。
かっちりと硬さのあるものですが、入れようと思えば割と入っていくみたいです。
実用的なのも◯ですね。

他にもポーチやペンケース、パスケースなどもございます。
ひとつずつ少しずつ、風合いが異なりますのでお手に取ってご覧ください。

e0272050_13053404.jpg
e0272050_13055410.jpg
こちらは 井上藍さんのお皿。呉須を染み込ませた和紙で器を染めるのだそうです。他にも丸皿、長皿などをお預かりいたしました。美しく、奥ゆかしく上に乗せた物たちを引き立たせてくれる清楚なお皿たちです。

井上藍さんはもうひとつのお顔をお持ちでして、今回は平面作家としてもご出展されております。
そちらの作品はまたの機会にご紹介いたします。
e0272050_13052922.jpg
さて、上に乗せていた豆大福も美味しそうに見えますね〜
こうして板の上に置いた時よりも。
普通は豆大福を板の上には置きませんが、こちらは硝子でできた作品なのです。

内田絹子 さんのお作品で、昨年は卵型の硝子の中に入った飛行機とひこうき雲、そして不思議に追いかけてくる虹の作品に皆様目を奪われておられました。
今年もくすっ、とみなさんを楽しませてくださっております。
e0272050_13045821.jpg
人の手ってすごいなあと、毎年この会期の時に圧倒されます。これだけ多種多様な表現を一度機に見るのはなかなかなことです。
こちらは きむらななえ さんのワイヤークロッシェ技法で編まれたお作品。
ちいさな輪っか、見えますか?

" 常に「手編み」であることを忘れずに、編み目にほんの少し遊びを残して金属を柔らかくみせることにこだわっています。シンプルで、ミニマムなデザインを心がけています。 "

その言葉通り、冷たそう、痛そう、など細めの金属から連想されそうな繊細で怖そうなイメージはなく、
不思議とふんわり、あたたかみがあり、かつ金属ならではのシャープさの美しさが光る作品です。
他の素材であると、甘く可愛らしくなり過ぎてしまいそうな色や形たちも、きむらさんのお作品たちはどこかすっきりとしていて、身につけた方にちょうど良い個性をもたらしてくれそうです。

ピアスが開いていない女性の方にも嬉しいお気遣いが。
モチーフたちのほとんどが、近しい雰囲気のイヤリングバージョンもご用意してくださっております。
とにかく種類がたくさんですので、こちらもぜひ会場で。

三富さん、きむらさんは 2/11までのご出展ですのでぜひお早めにお越しください。

by gallerynenohoshi | 2019-01-28 22:31 | 展示

2019.1.25-2.4 松村淳ガラス作品展 -冬の窓辺- @ 4日目

e0272050_13354526.jpg
e0272050_13362548.jpg

はじめて作品をご覧くださった方も、今までご覧くださっていた方も、ちいさな小部屋の展示ではありますが
いろいろな風景と、初の試みによって見応えのある空間になりましたので、お楽しみいただけたのではないでしょうか。

初日〜土日を経て、そんな初の試みの作品たちもいくつかご売約いたしました。
e0272050_13371642.jpg
こちらがその新たな試みの一つ、"風景の小石"です。ぎゅっと握ることができるので、なんだかお守りのようでもありました。

ちいさなブローチに閉じ込められた風景たちも、楽しく目移りしていただいて、旅立って行きました。
下のリンクにてご紹介しておりますのでよろしければご覧ください。
上の画像はひとひらの風景ー霧の森ー。


・・・
e0272050_13312165.jpg
こちらは個展会場の手前、ガラスのショーウインドウ部分へ飾っている作品です。タイトルは ひとひらの風景ーおぼろ月ー。
空気ごと、切り取ってきたかのような微細な色、そして内側からほんとうに月が光を放っているかのようにぼうっと光を湛えたさまは、いつ見ても見飽きません。
個展にお越し下さった際にはぜひこちらもご覧くださいませ。

オブジェ作品やブローチ作品の小さくささやかな世界観を、さらにさらに小さくした作品も並びました。
e0272050_13332204.jpg
こちらは風景のイヤリングー街ー。
下層に鏡が貼り合わせてあり、角度によって煌めきを放ちます。

種類もたくさんですので、会場でお一つずつご覧くださいね。

by gallerynenohoshi | 2019-01-28 20:20 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @3日目

今日は出展作家の星飛鳥さん、亀倉琳さん、石坂日奈子さんがお越しくださりました。
作品にまつわるお話を直に聞くと、”そうだったのかあ・・”や、たくさんの”なるほど!”と思うことが出てきます。
e0272050_01332818.jpg
ちょうどこの日、星さんの指輪に目を留めてくださった方がいらっしゃいましたので、ご試着の様子を一枚撮らせていただきました。
つけていたのはこちらの作品。
e0272050_01344722.jpg
杢目金の指輪は、すこし太めのデザインをみることも多いのですが、星さんのお作品は細めのもの、太めのもの、ちゅうくらいのもの、すこし個性のあるもの、など実に様々。
細めの指輪だと杢目金の金属の模様をあまり味わえないのでは?とご心配な方もおられるかもしれませんが、
細い指輪は凛としたシャープな印象を放ち、この細さならではの美しさがあります。

指輪のほかに、ブローチもございます。
e0272050_02320897.jpg

亀倉琳さんはちょうどご自身の作品をつけていらしたのでこちらもお写真を一枚。
e0272050_01381546.jpg
”花びらのリング”です。会場にございますのでぜひお手に取ってみてくださいね。
植物をモチーフにしたお作品が多くございますが、チェーンの作品も素敵ですのでぜひぜひ会場でご覧ください。
e0272050_02390250.jpg
e0272050_02393356.jpg
こちらの指輪二点も亀倉琳さんのお作品。
上は石の有機的な美しさ、そしてシルバーの爪の直線的な美しさが響き合いのきれいな指輪。
下は、シルバーを変形させたレースのような個性的な形です。
指につけてみるととってもよいアクセントになります。
シンプルな服装にも合いそうです。

会場内の作品たちはどれも個性が光るのですが、その主張が激しく、押し付けてくるというようなことがなく
見る側・使う側の余地を存分に残したものが多いなあと感じます。

こちらもそのひとつ。
e0272050_02312456.jpg
rishtaさんのお作品。こちらのバッグは普段手縫いでちくちくとじっくり作品を仕立てられるrishtaさんの作品の中では大変珍しい、
一晩で仕立てられるというバッグ。
きっと普段じっくりと革に向き合っているからこそできるお仕事なのではないかと思います。
普段のお仕事が油彩なら、こちらはドローイングのような味わいがあります。
革のしわが、身に着けた方の体に沿ってできていくため育てていく楽しみが存分にあります。
本日早速ご売約いたしましたので、画像だけでも、とお届けいたします。

金土日、と早速続々と作品が旅立っておりますが、まだまだたくさんの作品たちがございます。
どれも個性豊かなものばかり。ぜひお時間に余裕をもってお越しくださいませ。


by gallerynenohoshi | 2019-01-27 22:09 | 展示

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @ 2日目

二日目を迎えた会場です。

奥の会場で開催中の 松村淳ガラス作品展ー冬の窓辺ー、ご縁をいただいた作品も増えてまいりました。
初日早々に、展覧会のご案内に掲載いたしましたおうちの形の作品の小さなタイプも旅立ちました。
松村淳展@1日め
e0272050_12380069.jpg
オブジェ作品のほかに、松村さんの世界観を身に着けられるサイズにぎゅっと凝縮した
ピアス・イヤリング・ブローチも今回たくさんの種類をお預かりいたしました。

いずれも一点ずつ丁寧に絵付けされており、ぴったりと同じものはどれひとつとしてありません。
左右でも風景が異なっており、楽しく眺めていただけます。
身に着けたご自身はもちろん、目にされるお相手の方がついつい見入ってしまうかもしれませんね。

開廊2日め、ということでまだお選びいただける余地がございます。
ということでブローチをお考えの方へ、奥にしまっておりました在庫もお見せいたしました。

楽しくお悩みくださった末、こちらの3点にお心を決めてくださりました。
e0272050_12334960.jpg
e0272050_12335971.jpg
うーん!とても素敵なセレクトでした。

どの作品も捨てがたく、悩むのが楽しくも苦しくもありますが、
悩んだ末にお帰りになる方、いやいや数のあるうちに選ばなくっちゃ、とおっしゃる方、様々ですが
どちらの作品もきっとご縁ある方のお手元へと、すんなり収まる気がしています。

こちらは藤内紗恵子さんの”カップ貫入”。
この器も実に悩みの種の尽きない作品です。
e0272050_12341083.jpg
といいますのも、外側の釉薬の垂れ加減と、模様の入り方、
e0272050_12453663.jpg
中の釉薬の色のたまり加減に、模様の出方、・・
こちらも在庫をずらりと並べてじっくり吟味。
e0272050_12341409.jpg
お悩みの末、この子で!とお決めくださりました。こちらの側から見ますと、2点の垂れが見えますが、
反対側はすっきりと雫垂れのない波線のきれいなラインと、2種類の美しさを味わえる作品でした。

こちらは Mayumi Ishidaさんの音のピアス。平面絵画も制作なさっている作家さんで、
今回こうして身に着けられる作品をご出展なされるのは初めてなのだそうです。
e0272050_12585271.jpg
色面分割が、球面に施されており、色合いも実に様々。
描かれているのは、音の風景なのだそうです。
画像の作品はご売約いたしました。他にも、淡い色調の作品などなど、こちらもぜひ会場でお手に取ってご覧くださいませ。
e0272050_12544280.jpeg



by gallerynenohoshi | 2019-01-26 22:31 | つつみ展

つくるひと×つかうひと×みるひと展2019 @ 1日目

e0272050_21282653.jpg
総勢54名の作家による作品展、本日よりスタートいたしました!
あっという間に真っ暗になってしまいました、、
会期によって多少人数は前後いたしますが、幅広い表現の作品たちが
ぎゅぎゅっとつまった27日間になります。

会期中、奥の小部屋では3期に分けて企画内企画展示も開催いたします。
ぜひ何度も足をお運びください。
展示の陳列も順次変えてまいりますので、違った作品に目が合うかもしれませんよ。

そして本日より2月4日まではガラス作家の松村淳さんの個展を開催中です。
本日の様子はこちらよりご覧ください。


e0272050_21290458.jpg
ペーパードライポイント、という一風変わった方法で版画作品を制作していらっしゃる 
YOSHIE UEKI さんが日中在廊してくださりました。
興味深いお話をお伺いいたしましたので、皆様に会期中お伝えしてまいりたいと思います。
精力的に活動をなされており、新たに開催されるイベントのチラシをお預かりいたしました。
作家情報:YOSHIE UEKI
実作品はぜひ会場でご覧くださいませ。

さて、今回は会場内のありとあらゆるところに作品がございますが、
e0272050_21283425.jpg
ギャラリーの天井を悠々とのんびーりゆれ歩く子鹿とヤマボウシのモビールも、見上げてみてくださいね。
他にもコアラにリス、ユニコーンたちもぷらぷら~っとしております。

e0272050_21284497.jpg
e0272050_21284390.jpg
こちらのきれいなグラデーションはShukuko Quiltさんの草木染リネンのポケットティッシュカバー。
全て違うお色をお送りくださりました。画像は赤系ですが、黄色に青色に緑色などさまざまなお色がございます。
e0272050_21283000.jpg
、ということで悩みます~!
色が色を引き立てあって、どの子も捨てがたくなりますね。
染もご自身でなされておりますが、驚くべきは、その原料となる植物たちの栽培も行っているということで・・
丁寧なお仕事は作品からにじみ出ています。
タグに原料となった植物の名前も書いてありますので、そちらもぜひご覧ください。
e0272050_21291237.jpg
堀江遼子さんの作品”ぽんぽこ”は、初日早々に三匹が旅立ちました。
この子も旅立ちましたが、子の星を発つ前に、同じく堀江さんの元から来た”はしおき”を足置きにして遊んでみました。
e0272050_21291643.jpg
ジャストフィット!

ついついこんなふうに遊びたくなってしまいます。
手をじっと見てるのか、本を読んでいるようにも見えますね、と話も弾みました。
まるで生きているかのように、表情や性格を想像させてくれるぽんぽこ、お家にいたらきっと楽しいことと思います。

白いこちらのタイプのぽんぽこは、納品いただいた全ての子が旅立ちましたが
追加で、一風変わった子がやってまいります。そちらもどうぞお楽しみに。

まだまだ会場内ご紹介しきれませんが、また明日みなさまのお越しをお待ちしております。

by gallerynenohoshi | 2019-01-25 21:38 | 展示

2019.1.25-2.4 松村淳ガラス作品展 -冬の窓辺- @ 搬入〜初日

本日より、ギャラリー企画 ”つくるひと×つかうひと×みるひと展”、そして奥の小部屋ではガラス作家の松村淳(まつむらじゅん)さんによる個展を開催いたします!
e0272050_19324333.jpg
うーん、と時折眺めつつも、すっすっと作品たちは壁へと収まっていきました。
e0272050_22130362.jpg

--------------------------------------------

松村淳ガラス作品展 -冬の窓辺-

|展覧会期|
2019年1月25日(金)〜2月4日(月) 
※会期中休廊日 1/29(火),30(水)

|開催時間|
12:00~18:30 
金曜日のみ11:00~20:00まで。

室内に差し込む青白い光
音を吸い込むように舞い積もる雪
清く冷たくどこまでも透明な空気
窓辺の小さな物語をお楽しみください

---------------------------------------------
e0272050_19343291.jpg
早速こちらの ”冬の窓辺” と題された作品が旅立ちました。

やわらかくも、芯のある光を放っています。


会場内には初の壁掛け作品を2点、展示いたしております。
新たな試みの作品も並んだりと、ちいさな部屋に、たくさんの風景がつまっております。

ぜひお出かけくださいませ。

昨家は初日・土日・最終日に在廊予定です。



by gallerynenohoshi | 2019-01-25 18:57 | つつみ展

2019.1.9(水)~1.14(木) 鏡 安希 個展「聖なる子たちの物語」@ 最終日

鏡 安希 個展「聖なる子たちの物語」、無事に終了いたしました。
e0272050_15183467.jpg
会場を埋め尽くした作品たち、そのほぼ全てにご縁をいただきました。
1点1点、皆様が思いを重ねたり、物語を見出したり、思い思いに楽しんでくださり、
おうちへと連れ帰ってくださりました。

新作がほとんどの今展でしたが、中にはちょっぴりだけ旧作もございました。
旧作だからと言って、見劣りするわけでは決してなく、
e0272050_15233756.jpg
こちらも旧作でしたが、最終日の無事を見届けるようにして旅立ちました。
柔らかいタッチですが、大変味わいの深い作品でした。
本当に、最終日まで残っていたことが奇跡のようでしたが、やはり作品とはご縁のある方の元へ旅立つ気がします。
作品の縁、それから作家と鑑賞者様のご縁。
それはすこし時間を経てつながることも。
e0272050_18384806.jpg
e0272050_18384687.jpg
さて、作家は今後もますます精力的に制作していくこととと思います。
6日間の会期ではご都合のつかなかった方も多くいらっしゃるかと存じます。

1作品ずつの詳しい解説を、作家のSNSアカウントにてご覧いただけますので
ぜひのぞいてみてください。

鏡安希Twitter

お寒い中、お立ち寄りいただきました皆様、誠にありがとうございました。



by gallerynenohoshi | 2019-01-14 23:18 | 展示

2019.1.9(水)~1.14(木) 鏡 安希 個展「聖なる子たちの物語」@ 5日目

e0272050_17533581.jpg
〜ブローチ作品修理についてのご案内〜
会場内で販売中の"ブローチ"作品につきまして、作家よりご案内です。
会期中お求めいただきましたご連絡先のわかるお客様へはすでにご連絡差し上げておりますが、
不明な方のうち、該当される方は上記リンクをお目通し下さいますようお願い申し上げます。

===
e0272050_17552546.jpg
大学では芸術文化をご専攻なされていた鏡さん。西洋絵画、特に古い宗教絵画などをご覧になるのがお好きだったそうです。
会場に展示している作品はなるほど納得な物語性と神秘性を秘めた作品が並んでおりますが、
エッセンスはありながらも、模倣ではなく、作家自身の物語となって画面に現れています。

長く、長くこの作品たちが後世に残り続け、作家もこの世を旅立ったとき、
未来にこの絵を所蔵した人はどんな解釈をされるのでしょうか。
日本にもこんな伝説があったのかもしれない、と想像したり、はたまた未来には逆にこんな世界になっていたりして・・

さて、会期は明日までとなります。
最終日の明日は 16:00 閉廊となりますのでご注意くださいませ。

by gallerynenohoshi | 2019-01-13 18:01 | 展示

2019.1.9(水)~1.14(木) 鏡 安希 個展「聖なる子たちの物語」@ 4日目

はらはらと雪の舞うスタートになりました、ぐっと冷え込んだ朝ですが
幻想的な空気は作品世界にもぴったり。

そんな初雪の日に
e0272050_12205713.jpg
こちら、"雪の結晶の君"ご売約いたしました。
e0272050_13165945.jpg
こちらは"星が恋した女の子"。タイトルからもいろんなことを想像できる、
まるで一冊の本のような絵画。

キャンバス作品たちはいずれも丁寧に塗り込められ、濃密な存在感を放っています。
その圧倒的な存在感の秘密は、絵画に登場する人物たちの "瞳"にあるような気がします。

作家自身も、この目に力を込めて描かれているご様子でした。
目の色味、光のゆらぎで感情や言葉、絵の世界の背景まで物語っているような、
小さいパーツに込められた膨大な情報量。
ご自宅に掛けて、長く付き合っていっても、いろいろなことを想起させてくれる作品だと思います。

作品の中の人物の数だけ、様々な目がありますので見比べてみてくださいね!






by gallerynenohoshi | 2019-01-12 19:46 | 展示

2019.1.9(水)~1.14(木) 鏡 安希 個展「聖なる子たちの物語」@3日目

e0272050_17393533.jpg
「天上の白薔薇姫」

展覧会は早くも折り返し。会場内にはすでに行き先の決まった作品が多くございますため、ご覧いただける機会が最後の作品ばかりです。
ぜひ皆様のご記憶に留めていただきたく、足をお運びいただけますと幸いです。
やはり実作品の醸し出す空気は、画面で見るものとは大きく異なります。
e0272050_17392210.jpg
「あの日への贈り物」

販売作品の他に、非売作品も多数ございます。こちらもぜひご鑑賞ください!
e0272050_17370427.jpg
会場で販売している立体作品も、完売作品が出てまいりました。
こちらの画像の"花を抱いた女の子"、本日完売となりました。
画像の作品のみ、ご購入者様のご好意で会期終了まで展示いたしております。
e0272050_17370284.jpg
初日には8人の女の子がいましたが、続々と旅立ちました。

さて、いよいよ週末!明日からは幾分寒さも増すそうなので、どうぞ暖かくしてお越しください。
作家も終日在廊の予定です。

by gallerynenohoshi | 2019-01-11 17:46 | つつみ展