人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2019.9.15(日)〜9.21(土) 東影 美紀子 展 @ 搬入

今週も、はるばる関西より作品と作家をお迎えいたします〜〜
e0272050_14514407.jpg
東影 美紀子 展
2019.9.15(日)〜9.21(土) ※17(火)のみ休廊
12:00~18:00 最終日17:00まで

おや、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回は今までの仕事が集約し、そして新たな展開が見える作品たちが並びます!

e0272050_14514754.jpg
e0272050_14514835.jpg
e0272050_14563306.jpg

作家は 15(日),16(月),20(金),21(土) 在廊を予定しております。
ぜひ連休のお出かけにお含めくださいませ。

真鍮に彫り込まれた細やかな線の生み出す世界。
動植物がぎっしりとつめこまれています。

金属が持つ独特の光沢と色合いも魅力ですが、
それを受け止める木の台座の装飾もぜひ!お見逃しなく。





by gallerynenohoshi | 2019-09-14 14:56 | 展示

「連(ツラネ)」CONNECT & CONTINUE Accessory brand shizuku exhibition @ 最終日

e0272050_14435301.jpg
台風の襲来にどきどきしながらも、無事に最終日を終えました。
雨粒も雫ぐらいの勢いなら綺麗だなと眺められますが、・・

雨を奥に見ながら眺める作品たちも、美しい1日でした。
e0272050_14455778.jpg

e0272050_14442405.jpg
今回は平面作品も制作されたshizukuさん。
真鍮を使った造形のお仕事の中で、ふいに現れた形に魅かれ、構成された「偶然と必然」。
なにをどう生かすか、は常に制作のことで頭がいっぱいだからこそ気づかれるものなのだろうと感じました。
e0272050_14434783.jpg
5日間という短い期間でしたが、また九州で近々展示もおありだそうです。
ぜひご旅行でちょうど!なんていう方は、shizukuさんのインスタグラムをちぇっくされてみてくださいね〜。

作家Instagramアカウントはこちら!

足をお運びくださりました皆様、誠に有難うございました。






by gallerynenohoshi | 2019-09-08 23:43 | 展示

「連(ツラネ)」CONNECT & CONTINUE Accessory brand shizuku exhibition @ 4日目

e0272050_13031168.jpg
すでに会場からは旅立ってしまっているこちら左の星屑のネックレス。
身につけてみると面白い立体感がありました。
e0272050_13423201.jpg
寝かせた状態で写真を撮ってみました。
一つずつの線を組みわせて、カクカクジグザグ・・

身につけていない時には、ちいさな飾りとして壁にかけてあげても楽しめそうな作品でした。
e0272050_13032504.jpg
平面作品として、飾って楽しめる作品もたくさん並んでいました。

植物を彷彿とさせるものも多く、個人的にはかぐや姫のお話の中に出てきた"蓬莱の玉の枝"を思い出しました。
蓬莱の玉の枝は、かぐや姫に求婚をしてきた皇子たちに出した無理難題のうちの一つです○

e0272050_13493342.jpg
e0272050_13495963.jpg
e0272050_13501151.jpg
今回は5日間会期ということで、いつもよりさらにさらに短く、そして明日は台風の襲来が予想されております。
子の星は予定通り12:00~18:00にて開廊致しておりますが、どうぞお出かけの際にはお足元、お帰りの手段など
くれぐれもお気をつけくださいませ。











by gallerynenohoshi | 2019-09-07 23:02 | 展示

「連(ツラネ)」CONNECT & CONTINUE Accessory brand shizuku exhibition @ 3日目

e0272050_12351757.jpg
今回会場の奥には、制作の様子を写した写真たちを展示しております。
七宝、彫金、とshizukuさんならではのボーダレスな制作の様子と、ちょうど制作中の作品の完成版が会場に展示しておりますので、見比べるのも楽しいです。
こうなってこうなったのかあ・・と愛着もより湧いてきそうです。
e0272050_12351382.jpg
そして、小部屋はミニアトリエにもなっております。
会場にはこの太さ様々なワイヤーたちを織り上げて作られた作品たちがたくさん並んでおります。
e0272050_12354309.jpg
下に落ちる影もとても綺麗な「花冠」のモビール。
風が吹くとゆらゆらっとゆれるその動きもまた、なんだか癒されます〜。

今回は彫金、七宝、素材としては金属に革に紙、が主に使われております。
それぞれ、探求を深められながら制作に取り組まれているshizukuさん。

七宝をご存知の方はこちらの作品に驚かれるかもしれません。
e0272050_12404598.jpg
e0272050_12442492.jpg
こちらはなんとリバーシブル。
裏表焼きの七宝のネックレスです。
両面を焼くのって、なかなか大変なスキル!

shizukuさんの作品たちは、思いついたアイデアを形にするためには、
大変なことも作品のためには労を惜しまないという姿勢だと感じるのですが、
そのアイデア、目の付け所もまた面白く・・
e0272050_12464941.jpg
こちらは和装経験のある方なら、むむっ・・もしや??
となるかたもいるかもしれませんが、
知っているからこそ、なんでこの色?なんだろう・・?と思われるかもしれません。

e0272050_12465422.jpg
ちょっぴり引っ張りましたが、こちらの 5 と数字の入った金具は
なんと、職人さんたちが履かれる地下足袋の " こはぜ " 。
普通の足袋は金具が銀色が主流なので、見慣れない方はさらに多いと思います。
目の付け所がシャープですね!

さて、会場には他に七宝のリングや平面パネルに展示してある作品など、
表現豊かに展示しております。

ぜひご高覧ください。






by gallerynenohoshi | 2019-09-06 20:31 | 展示

「連(ツラネ)」CONNECT & CONTINUE Accessory brand shizuku exhibition @ 1日目

今展は、普段九州にて制作活動を行なっていらっしゃる shizuku さんをお迎えしております。

様々な作品たちを、どう展示しようか、
と考えながらも展示のヴィジョンはとても明確で、しっかりオリジナルの什器も制作されてこられました!
e0272050_16053747.jpg
e0272050_16185567.jpg
e0272050_16070891.jpg
会場の中央には面白い作品が並びました。空間にドローイングをしているような、雲のシリーズ。
中央の吊り下げられている作品は、
e0272050_16110944.jpg
e0272050_16075627.jpg
上下で色味が微妙に異なります。
真鍮の自然な経年変化がもたらす自然の美。
ピカピカの子も、風合いが増した子も、どちらもいい味です。
e0272050_16085613.jpg
e0272050_16090304.jpg
入道雲と名付けられたシリーズのブローチは、
線状の真鍮や、それを伸ばした平たいもの、メッシュのものなど、3種類を組み合わせて作られています。
この面白い曲線はすべて作家が自身の手と指で伸ばしているからこその柔らかさのようです。
ぐぐぐっと力を込めて。
そんな制作の様子たちを、奥の小部屋に展示してありますので、どうぞそちらもお見逃しなく!
e0272050_16110151.jpg
七宝ブローチやリングなども並んでおります○
e0272050_16115009.jpg
そして、真鍮・金箔紙・紙・革などが重なってできた"蕾"。
真鍮の色味の変化が出てくると、また色のバリエーションも増えて楽しめそうです。
こちらは早速初日の本日、ご売約となりましたが会期終了まで会場にてご覧いただけます。
重ねの美しさをぜひご覧ください。

e0272050_16134061.jpg
こちらはちょっぴり番外編で、ボタンブローチです。
お菓子のような可愛らしい作品です。

矯正歯科で、技工士さんとして長年腕をふるってこられたshizukuの田中真寿美さん。

会場に並ぶ作品の中には、お話を伺って大変驚いたものがありました。
好奇心いっぱいの目で、捨てられてしまうはずだったもの、が個性ある装身具へと仕立てられていました。
ヒントは和装&職人さんです。

そんな秘密も楽しみに、ぜひお出かけいただければと思います。
貴重な東京での個展です、どうぞこの機会に。

作家は会期中終日在廊の予定です○









by gallerynenohoshi | 2019-09-04 16:19 | 展示

2019.8.28(水)〜9.2(月) 飯島まり子 銅版画展 Summer shower @ 最終日

e0272050_15593517.jpg
ひとつの物語を軸に、銅版画で紡がれた世界も本日無事に終了いたしました。
e0272050_15594225.jpg
e0272050_16000432.jpg
会場で販売を行なっておりましたZINEには、会場作品の一つ一つにことばが添えられておりました。
またの機会に、ぜひご覧ください。
e0272050_16001181.jpg
e0272050_15591981.jpg
こちらは物語の中の一枚。長く目を留めてくださる方も多い一枚でした。

e0272050_15592565.jpg
会場にて販売していたZINEとポストカード、完売でした。
展覧会の余韻が、たくさんの方のお手元で続いていくようで嬉しいです。

さて、ここから物語が動き出すのでは、という作家です。
次の展開が楽しみですね。

夏の終わりにお立ち寄りいただきました皆様、誠に有難うございました!


by gallerynenohoshi | 2019-09-02 22:57 | 展示