タグ:ギャラリー子の星 ( 11 ) タグの人気記事

つくるひと×つかうひと×みるひと展2018出展者募集

e0272050_17162446.jpg
毎年ご好評をいただいております"つつみ展"、2018年出展者募集も締め切りが近くなりましたのでご案内いたします。
平面絵画、彫金、木工、ガラス、陶磁、テキスタイル、立体、革、紙ものなどなど多様な手法で制作を行う作家と作品が全国から集いました。

来年は以下の日程で開催いたします。

-------------------------------------------------------------------
" つくるひと×つかうひと×みるひと展2018 "
2018年1月28日(日)〜3月4日(月) 26日間
OPEN11:30~CLOSE18:30 金曜日のみ11:30~20:00
最終日16:00まで。※火・水 休廊
11/1(水)募集〆切
-------------------------------------------------------------------
▽その他横暴に関する詳細は下記リンクをご参照ください。

今年も会期中、会場の奥小部屋を3期に分け、企画展示を開催いたします。

1期:Nice to meet you!!  1月28日(日)〜2月5日(月)
初めてつつみ展に出展する作家を集めた企画展です。

2期:川名萌子展 (陶芸) 作家HP  2月8日(木)~2月19日(月)
2015年つつみ展では壁掛けとアクセサリーを主とした個展を開催いたしました。

KAWANA MOEKO
1984 東京都生まれ
2007 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科陶磁専攻卒業
2009 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所卒業
2011.10 - 埼玉県 川口市  Me-Mic worksにて作家活動

2017.2- 新潟県新潟市青人窯-  新潟市にて作家活動​

e0272050_15572842.jpg
e0272050_15572514.jpg

3期:手で つくる - 彫る - 纏う - 描く- 紡ぐ 2月22日(木)~3月4日(日)
榎本茜 ( 陶 )
苔むす木工 (木工) HP
11月の森 ( アクセサリー )   HP
能村美矢子 ( 染,織,紡 )   tumbler
米澤寛子 ( 絵画 )  
※○より過去展示風景などご覧いただけます。

奥の会場をひとつの部屋に見立て、肌寒い季節に暖かな気持ちになるような空間を作ります。
参加作家は5名。表現技法や素材は異なりますが、"手"でつくることを強く感じさせる作家が揃いました。ひとの手によって作られる"もの"で作られる居心地の良い部屋をご堪能ください。

" つつみ展2018 " 出展者募集締め切りは 11 / 1 (水) 〆切となります、
来年もどんな作品と作家さんに出会えるか楽しみにお待ちしております!


[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-10-20 16:52 | 展示

つくるひと×つかうひと×みるひと展 初参加作家限定会期募集のお知らせ ※10月10日〆切

つくるひと×つかうひと×みるひと展 初参加作家限定会期募集のお知らせ
※10月10日〆切
募集フライヤーに誤植がありましたので訂正してお詫び申し上げます。
詳細は上記作家募集ページ、または下記をご参照ください。


毎年ご好評をいただいております、つつみ展。2018年は1月の終わりから3月の初めまで開催いたします。
今回も、ギャラリー会場奥の部屋を3期に区切り、企画展示を開催いたします。
第1期目の企画展示は、つつみ展に初めて応募される作家様限定の会期です。

作品を見やすく展示することを念頭においた企画展示ですので、
作家さんと作品とをより意識して手にとっていただける機会にすべく、
作品とともに名刺を設置し、プロフィールボードなどを作成して、作品についてより丁寧にご紹介したいと思います。

地方に住んでおり、ちょこっと東京で出展してみたいなという作家さんや、
つつみ展、初めてなのでお試しで!などなど
ぜひこの機会にたくさんの作品と作家さんに会えることを楽しみに、みなさまのご応募をお待ちしております。

下記画像は本企画展で使用するギャラリー奥の小部屋会場imageです。
e0272050_18115246.jpg
e0272050_18021521.jpg
e0272050_17563019.jpg
e0272050_18054192.jpg

|募集期間| 〜2017年10月10日(火)まで 随時募集。

|展覧会期| 2018年1月28日(日)〜2月5日(月) 7日間+19日間
会期終了後は ~3月4日(日)まで日替わりでpickup展示

|開催時間| OPEN11:30~CLOSE18:30 
金曜日のみ11:30~20:00まで開廊。
最終日16:00まで。※火・水 休廊、

|出展費用| ¥4,800- (DM費含)

|搬入| ギャラリーにて開梱・設営。
<直接搬入可能日時> 2018.1/22(月) 18:00~20:00
<郵送搬入着荷指定> 2018.1/24(水) AM指定

|搬出| ギャラリーにて梱包・搬出。
<直接搬出> 2018.3/5(月) 11:00~18:00
<郵送搬出> 2018.3.5(月)~順次返却搬入出時の作品送付に関わる送料は作家負担。

|販売手数料| 作品販売価格より20%を申し受けます。

|在庫預かり点数| 36点まで。(在庫僅少時は別途お知らせいたします。)

|出展スペースについて|
・しろ・くろ・グレー・茶、いずれかの15cm角箱の上に展示します。
・ギャラリー作成のキャプションの他、作家名刺などを展示台横に設置。
・吊るしの必要のある作品を除き、原則15cm角サイズに収まる範囲の作品を1〜3点ずつ陳列し、売約ごとに入れ替えを行います。

|平面作品について| (絵画・版画・吊るしアクセサリーなど)
・15cm角額縁もしくはF0号~SMサイズ以内のパネル作品。
・吊るしアクセサリーは長さ30cmまで可。



[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-09-23 18:16 | つつみ展

Water 石坂 日奈子 個展 @搬入

e0272050_21073726.jpg
あさってよりの開催です。Water 石坂 日奈子 個展。
" 水のチカラをかりて生まれた作品たち" という副題の今展、この時期に心地よい、清冽な作品たちが並びました。

配置をじっくりと、でも感覚を大事にして瞬時に判断して設営します。
e0272050_21073023.jpg

出来立てほやほやの作品たちですが、生まれてくるまでには長〜い年月を経てきたもの多々。
昨年の個展から、作家の見た風景の蓄積が増え、日々刻々と変わる光景たちが画面の中に息づいています。

作品の生まれた経緯もぜひ楽しみに、ひんやりひえたギャラリーへ遊びにいらしてくださいね。





[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-07-03 21:12 | 展示

纏う森~matoumori~@搬入〜初日

e0272050_13062566.jpg
シルバー作品の明るい空間から、今週はしっとりと落ち着いた秋の雰囲気へ。本日より、11月の森 による ~纏う森~matoumori 展を開催いたします。
e0272050_13074108.jpg
丹念に作られたちいさな植物たちの世界は、デフォルメされすぎず、本物らしすぎず、どこかに在りそうな絶妙なリアルさがあります。
e0272050_13075246.jpg
e0272050_13075437.jpg
片耳ずつつけるピアス・イヤリング、そしてネックレスなどなど。作品はご売約いただいたものから会場を離れてしまいますので、ぜひお早めにお越しいただくことをオススメいたします。
e0272050_13075847.jpg
e0272050_13101142.jpg
会期は来週月曜日まで。最終日を除き、12:00~18:00までOPENいたしております。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-28 13:11 | 展示

さくら工房展 “声”@5日目

本日5日目を迎えました さくら工房展 “声”。

お天気の良かった先日、ふらりふらりと散策中の上海からご旅行中のお客様
「アメージング!」
っと、日野さんの代表作、編み編み作品たちをお褒めくださいました。ありがとうございます!
e0272050_12024506.jpg

先日ご紹介しました メノウ のネックレスの紐とチャームを結ぶ部分にあしらわれていたものと同じ技法で作られた指輪を昨日お求めいただきました。とてもよくお似合いでしたので、1枚お願いしました。
e0272050_12043313.jpg
赤のお洋服にシルバーの凝った造形がとてもいいアクセントになっていますね!
手元のアップはこちら。
e0272050_12062446.jpg
作品ごとに巻き加減も違うところも、個人作家ならではの造形です。
お気になる方、ぜひぜひお試しにいらしてください。
デパートやお店と違って、ギャラリーでの展示は作品をじっくりと味わうことのできるまたとない機会です。

今日も元気な日野さんとともに皆様をお迎えしたいと思います、会期は本日と明日、のこり2日です。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-25 12:07 | 展示

さくら工房展 “声”@3日目

初日の雨の後は、良いお天気に恵まれています。
白い台と壁に展示されているシルバーの光は、外の強い日差しを浴びてさらに爽やかに光ります。
e0272050_14155155.jpg


さて、昨日は賑やかなご婦人方と、作品について色々と話が弾みました。
e0272050_14155759.jpg
シンプルでお仕事の時にも合いそう!、と合わせているご様子がとてもよくお似合いでしたので、モデルさんになっていただき1枚。
e0272050_14202916.jpg
さくら工房さんのアクセサリーは、日野さんの柔軟な頭と感性で色々なものをモチーフに取り込んでいます。こちらのメノウのネックレス、石と紐を結んでいる金属部分もリボンのように見えますが、こちらはシルバーでできています。そのテクスチャーの元になっているものはなんと酒粕を絞る布だとか!

日々いろいろなものに興味を持って、楽しんで作っている様子が伝わってきます。
大阪からはるばる今回の展示のために上京されました日野さんは、会期中毎日在廊しています。
ぜひお話も楽しみに遊びにいらしてください。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-23 14:24 | 展示

さくら工房展 “声”@搬入〜初日

e0272050_17115431.jpg
関西方面に拠点を置き活動している さくら工房、主催の日野三恵子さん。今回は東京での貴重な会期となります。朝から元気に搬入作業!
e0272050_17115678.jpg
OPEN時間に無事設営を終えて、ほっと一息ついたところに素敵なお花も届きました。外はあいにくの雨、所によってはかなりひどい雨模様というお天気のなかのスタートとなりました。ご本人が無事到着できたことがせめてもの救いです。さて、早速会場よりお1つ作品をご紹介いたします。
e0272050_17120108.jpg
日野さんの作品の特徴は、この編み編みとした線のモチーフです。葉脈?トンボの羽?なんだろう、と伺うと出てきた答えにびっくり。なんと"ヘチマ"がモチーフになっているとのこと。ヘチマの繊維の美しさに魅せられて、10年以上もこの仕事を続けているそうです。知人から、とことん続けなさいと言われ、続けて続けて、同じモチーフのなかでも試行錯誤を繰り返し、発見や失敗を繰り返しながら制作しているとのこと。お話の端々にあらわれる、ヘチマに対する愛情の熱量に圧倒された日でした。自分が感じた美しいと思うもの、思えるもの、に対してまっすぐに突き進んだ作品はアクセサリーでもあるのですが、美術作品として筋の通ったものでもあると思いました。会期中、終日在廊です。ぜひ遊びにいらしてください。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-21 17:20 | 展示

Asami Kusaka Exhibition 『6月のしずく展』@3日目

6月のしずく展、ですが晴れ女の日下さん。今日も良いお天気です。さて、作家の一番の持ち味はこちらの作品。流木とパールを組み合わせた作品で、アクセサリー作りの流れが始まった作品でもあります。
e0272050_16015255.jpg
マフィンみたいでおいしそう!

e0272050_16020440.jpg
丸く角の落ちた流木を拾い集めに行き、納得する形が見つかるまで探すのもなかなか大変ということですが、そこへ落ち着くパールを見つけるのがこれまた一苦労なのだそうです。
どれもすんなりと最初から決められたように落ち着いている組み合わせたちばかり。作家に話を伺っていると、しばしば真珠たちが貝の中に異物を入れられるのがかわいそうで・・と心底心配されていて。
そんなお話を伺った後だからでしょうか、木が優しく真珠を包み込んであげて、優しく癒してあげているような、そんな風に見えてきます。花の世界から、木、そして紙と自然に魅せられていった日下さん。自然物をご自身のフィーリングで合わせていくお仕事をとても楽しんでなされています。
会期は月曜日まで。明日は11:00~19:00まで開廊いたしております。ぜひおたちよりください。

[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-17 16:07 | 展示

Asami Kusaka Exhibition 『6月のしずく展』

明日、6.15(木)より、 Asami Kusaka Exhibition 『6月のしずく展』 を開催いたします。今回は曜日・時間ともに通常会期とは少し異なる設定での開催です、お気をつけください。2017.6.15(木)〜6.19(月)12:00~18:00 土日11:00~19:00最終日18:00まで
e0272050_17060008.jpg
こちらは珍しい "エイ" の皮のネックレスです。普段見かけない素材が飛び出すのも、個人作家の創作だからこそですね。ほかにも沢山面白い素材がございます。ぜひお出かけください。
[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-14 17:56 | 展示

林明日美作品展のお知らせ

精力的に制作活動を行う 林明日美さん。子の星でも何度か展覧会を開催いたしましたが、本年は 9月27日(水)〜10月2日(月) の6日間個展を開催いたします。

なんと今夏はノルウェーに滞在制作へ!
秋の個展では作家帰国後第一弾の展覧会ということで、作家の感じた異国の空気や、違う文化や環境の中に身を置いて、さらに思索の深まっていく作品群をご覧いただけるまたとない機会になりそうです。

さて、ノルウェーでは銅版画制作のほか、アニメーション制作という新しい試みにも挑戦されます。
e0272050_15024018.png



プロジェクトについて
銅版画作家として活動している林明日美の、初となる映像作品を制作するプロジェクトです。銅版画という、古くからある古典的なイメージにとらわれず、観る人の世界観に新しい世界を吹き込めるような新しさのある作品を制作したいと思っております。応援どうぞ宜しくお願いいたします。」

上記リンクページにて、作品に対する思いやレジデンスについて、丁寧に紹介されています。
ページ内に紹介されている制作風景の動画も素敵ですよ。作業工程の音の響きがなんともいい味を出していました。
みなさまぜひご覧ください。


[PR]
by gallerynenohoshi | 2017-06-14 15:02 | お知らせ